MultCloudが90日間無料で利用できる! AOMEIのテレワーク導入支援第二弾が登場!

MultCloudが90日間無料で利用できる! AOMEIのテレワーク導入支援第二弾が登場!

MultCloudの90日間フリープランが登場。テレワーク導入支援の第二弾!

バックアップに並々ならぬ情熱を傾けているAOMEIが開発した「MultCloud」……複数のクラウドストレージを統合して、チームで共同利用するには、なかなか良い仕事をしてくれるWebサービスです。

撮りだめてあった写真を、別のクラウドストレージに移動させたいとか、

自宅と会社、両方のパソコンで良く使うファイルをバックアップしたい、という場合は、もちろん1人で使っても便利だと思いますが、真価を発揮するのはチーム利用です。

まさにテレワークのためにあるようなサービスなんです。

 

そんなMultCloudが、前回(3〜4月)に引き続いて今月も90日間無料で使えるプレゼントキャンペーンを実施中です。

有料プランを90日間使い続けることができ、その後無料プランに戻ります。

ちなみに今回のプレゼントは5月21日23:59まで。お早めにどうぞ。

 

 

AOMEI Backupperのセール期間も延長決定! ダウンロードGoGo!に行こう。

AOMEIといえば、大人気バックアップソフトのAOMEI Backupperのメーカーさんでもあります。

数あるバックアップソフトの中でもトップクラスの軽さと柔軟さを備えた、驚異的な性能を持つソフトです。

昨日までゴールデンウイークの特価セールでしたが、

テレワーク導入支援キャンペーンの開催を受けて、AOMEI Backupperのセールも延長が決定しました。

ダウンロードGoGo!では下記の価格で販売しています。

 

AOMEI Backupper Professional 2ライセンス版
6,578円 → 4,934円

AOMEI Backupper Workstation
7,238円 → 5,429円

AOMEI Backupper Server
26,382円 → 21,437円

AOMEI Backupper Technician Plus
109,978円 → 71,487円

 

こちらも5月21日23:59まで。
ぜひどうぞ。

 

 

MultCloudとは?

複数のクラウドストレージを一元管理、縦断検索にも対応

MultCloudとは、複数のクラウドストレージを統合して、チームで共同利用するためのWebツールです。

OneDrive、Google One、Dropbox……それに、先日ご紹介したばかりの超有能なクラウドストレージpCloudまで、さまざまなクラウドストレージを統合します。

ひとつのクラウドストレージだと、無料版は2GBとか5GBくらいですよね。

これを統合して、一元的に管理することができるようになります。

 

MultCloudを使えばクラウドストレージを統合することができます

また、MultCloudに登録したクラウドストレージを縦断検索することもできるので、「あれ、どこに行った?」なんて時にも便利です。

 

共有機能も秀逸

例えば前述のpCloudでは、pCloudのアカウントを持っている人同士じゃないと共有機能を使うことができません。

最近はそういうサービスも減ってきましたが、pCloudはセキュリティで売っているので、未だこの仕様みたいです。

 

でも、実はMultCloudを使えばpCloudアカウントは不要だったりします。

それどころか、MultCloudのアカウントも不要です。

 

MultCloudはアカウントなくても共有可能

共有を設定するとURLが発行されます。
このURLを相手に送れば、この画面が表示されます。

 

MultCloudはチームで使用することを想定しています。

複数のクラウドストレージを、都度ひとつひとつ共有かけたり外したりするのは面倒、煩雑……

そんなとき、このMultCloudの共有機能であれば、一元的に操作・管理できるので役に立ちますよ。

 

クラウドストレージ間の転送、同期

MultCloudを使えば、クラウドストレージ間の転送や同期も完璧です。

チームで使うことが想定されているMultCloudは、

例えばある社員がOneDrive上で作業したものを、定期的にDropboxに同期をとったりすることができます。

大事な元データは触らせずに、別のクラウドストレージにファイルを複製して、それをチームで共有することにすれば、仕事上のデータを安全に利用することができます。

 

バックアップ同期も可能なMultCloud

また、バックアップ目的での同期も可能です。

テレワークはチーム作業です。

社員全員が閲覧したり、書き換えたり、追加したり、削除したり……事故が発生する可能性は飛躍的に高まるはずです。

バックアップをとらずに運用するのは大変危険だと思います。

MultCloudならバックアップ機能も充実しており、フルバックアップ、増分バックアップ、更新同期……さまざまな種類が選べるようになっています。

しかも深夜とか、みんなが使っていないタイミングでバックアップをとることも簡単です。

もちろんパソコンは切ったままで大丈夫です。

 

気になるセキュリティ

ここまで便利でも、セキュリティの善し悪しで企業導入は決まりますよね。

MultCloudのセキュリティ機能についても調べてみました。

 

・256ビット AES暗号化によるウェブサイト接続・データ転送に対応

・各クラウドストレージのデータ、ファイルをキャッシュしません

・OAuth認証でクラウドにアクセスするので、パスワードなどを保持しません

 

テレワーク利用なら最低限必要な256ビット暗号化通信に対応していますし、MultCloud自体にはキャッシュを保存したり、パスワードを保持しない仕様になっているので、ひとまずは安心できそうです。

 

有料版と無料版の違いは?

MultCloudには有料版と無料版があります。

 

MultCloud料金表

(画像をクリックすると公式ページの価格表へ飛びます)

今回無料提供されるのは、「四半期プラン」です。

毎月200GBのデータ転送量まで使え、前述のように多種多様な同期方法が使えます。
スケジューリングもでき、
転送速度も無料時の5倍です。

90日間を過ぎると、自動的に無料版に戻ります。

勝手に課金されることはないので、安心してご利用ください。

 

さらにこの期間限定の「MultCloud 買い切りプラン」もお披露目!

MultCloud買い切りプラン

気に入った方はぜひ。

サブアカウントを作れるので、人数分を買い切りで揃える必要まではないと思います。

サブアカウントの作成数は無制限ですが、内容的には無料プラン相当のため、機能面で足りない場合は有料プランを買い足してください。

 

チームでクラウドストレージ使うなら、MultCloudはなかなかの有力候補。おすすめ!

テレワークでスタッフ間のファイル転送が増大することは間違いなく、MultCloudはこの状況下では大変効果的なサービスだと思います。

AOMEIの対日担当者さんと相談して、MultCloudをもっと日本の皆さんに知ってもらいたい、もっと役に立ててもらいたい、という思いから、急きょ決定したキャンペーンです。

ぜひこの機会に一度お試しください。

ダウンロード、お待ちしています!

 

 

こちらもぜひ!

 

 

 

おすすめのPCソフトを今すぐ手に入れたい!

CTA-IMAGE 20年間PCソフト販売を手がけてきた当社が、
世界中から優れたPCソフトを集めてきました。

告知カテゴリの最新記事