WPS Office for Mac のタブ切り替えが好きすぎる

WPS Office for Mac のタブ切り替えが好きすぎる

先日ダウンロードGoGo!でも発売したキングソフトさんのオフィス互換ソフト「WPS Office for Mac」。
Macユーザの間ではなかなか注目のソフトです。

Macを普段使っている人にとってのオフィスソフトとは、
とりあえず外部の取引先から送られてきたファイルをちゃんと閲覧できて、
必要な部分を編集することができ、
かつ、保存したファイルが相手方のWindows機で見たときに問題ないか、というところだと思います。

リリースしたばかりのソフトなので、まだ細かく見ていくと微妙な不具合があるのかも知れませんが、とりあえずリニーズで半月ほど運用してみた感じでは、とってもよく再現できている気がします。

 

Wordに最初から収録されているテンプレートのひとつを WPS Office で読み込んでみた感じです。
特に不具合のようなものは見当たりません。
きっちり読めています。

 

Excelで作ったカレンダーのファイルを開いてみました。
こちらもExcelで表示させてみたものと遜色ありませんでした。

ちなみに関数計算も、うちの会社で使うレベルの見積もり・請求書の計算レベルであれば不具合なくそのまま使えているようです。

 

注目したいのはこれ!
ひとつのウインドウで、WordファイルとExcelファイルをそれぞれタブ操作で切り替えができるんです。
Windows版は3本のソフトともにバラバラなんですが、Mac版ではひとつに統合。
これ、すごく便利な気がします。

個人的にはこのタブ操作が気に入っていて、本家もマネすりゃいいのにw って思いました。
ウインドウが複数立ち上がると、それだけで不便だし、散らかるし……というMacユーザの「キレイ好き」心理を理解したデザインだなぁと思いました。

WPS Office には、フォントの違いによる違和感や段組の崩れを防止するため、Microsoft Office に収録されている代表的なフォントもセットで入っています。
もちろん完璧、100%合致させるというのは難しい……というより無理な相談ですが、取引先から送られてくるデータが表示されなかったり、おかしな事になっていたりすることはなく、まあまあキレイに再現できており、加筆修正したファイルを送り返しても、今のところ文句も来ていないところを見ると、これはなかなか良いソフトじゃないかと思っています。

Mac版だけでなく、Windows版ももちろん良い仕上がりになっています。
「Officeが仕事の中核で、これがないと会社が傾く」という方は別にしても、例えば社内管理の用途で使うとか、見積もり・請求書の類いでちょろっと外部とやり取りする範囲であれば、特に問題が起きる事はないかな……と思います。

ぜひこの機会に、WPS Office を試してみてくださいね。

 

おすすめのPCソフトを今すぐ手に入れたい!

CTA-IMAGE 20年間PCソフト販売を手がけてきた当社が、
世界中から優れたPCソフトを集めてきました。

商品レビューカテゴリの最新記事