強力なバックアップソフト AOMEI Backupper Professional を試す。

強力なバックアップソフト AOMEI Backupper Professional を試す。

PCバックアップソフトのおすすめ

今回は PCバックアップソフトのおすすめを見つけてきました。
バックアップ。大切なことはみんな理解しているんですが、なかなか習慣がないので手が回らない。
トラブルやパソコンの買い替えになって、初めて必要性を痛感するソフトです。

リニーズのお店にパソコントラブルの相談に訪れるお客さまの、ほぼ全員、言うことが同じなんですが、

消えて困るデータなんてないけど、メールは残しておいて欲しいし、孫の写真も。
あとブックマークも残しておいて欲しいな。

消えて困るデータばっかりじゃん!

ソフトの販売店としては、バックアップソフトを薦めるんですが、

いや、こんなこと滅多にないしね。

その滅多にないのが今回でしょうが……
バックアップソフトは、毎日使うために買うものじゃないんだけどなぁ……

バックアップソフトは保険と同じようなもんです。
万一の事故の時に、消えたら困るデータをバックアップしておくことで、安心を買うというのが本来の意味です。
毎日使うようなソフトではないので優先順位が下がりがちですが、
「パソコンが突然壊れた」
「データを誤って上書き保存しちゃった」
「ゴミ箱を空にしてから、実は必要なファイルだったことに気づいた」
みたいなトラブルが発生した時、それらをサクッと元に戻す。
その時になって、バックアップソフトのありがたみが強く実感できるというものです。

日本人に人気のバックアップソフトの代表格といえば、アクロニスさんの「True Image」あたりではないかと思います。
お値段も4,000円台(1PC版)でお手ごろです。
機能もひと通り揃っていて、扱いもかんたんです。悪いソフトじゃないので、リニーズでもよく薦めています。

ところがネットで検索かけてみると、有名大手のバックアップソフトの話題の中に、AOMEI Backupper というソフトがちょくちょく出てきて、なんとなく気になってきました。
ちょうど商品レビューのネタを探しているところだったので、Professional版を入手して試してみることにしました。

 

 

分かりやすい画面構成

AOMEI Backupper のインストール直後の画像です。

画面左側がメニュー、
右側がメイン画面というシンプルな構成です。

最初は「バックアップ」の項目でバックアップの設定を行い、
もし復元の必要が生じた時は「復元」の項目です。
「クローン」は、パソコンの中身を別のドライブにそっくり移し替える機能ですね。
基本この3つです。

 

バックアップの種類

AOMEI Backupper のバックアップの録り方は、大きく5つ用意されています。

システムバックアップ
Windows全体をバックアップします。
Windowsの調子が悪くなった時など、これで一発で以前の状態に戻すことができます。

ファイルバックアップ
特定のファイル・フォルダだけをバックアップします。
バックアップ時間が非常に短くて済みます。

同期
特定のファイル・フォルダを同期(ミラーリング)します。
ファイルを書き換えたり、ファイルを作成した瞬間に同期されます。

ディスクバックアップ
ディスク全体をバックアップします。
パソコンの中だけでなく、外付けのディスクとか、USBメモリとか、そんなものでもバックアップできます。

パーティションバックアップ
パーティション・ボリューム単位でのバックアップです。
要するにパソコンのHDDなどが、CドライブとDドライブに分かれている場合などは、Dドライブだけバックアップしたい、なんてときに活用されます。

まずはお試しで、システムバックアップをやってみましょう。

 

システムバックアップ

システムバックアップは、Windows全体をバックアップするシステムです。
全体を録っておくので、もしWindowsの調子がおかしくなれば少し前に戻すことができたり、うっかりファイルを消したりした場合でも遡って回収することができます。

 

ESPはEFI System Partition。Windows 10インストールすると自動的に作られるパーティション。

Cは毎度お馴染みのCドライブ。

WINRETOOLSはDellのパソコンに内蔵されているリカバリ領域です。

これらを D:/ にバックアップ録ります。
Dドライブは、今回外付けのHDDを接続して用意していますが、ネットワーク上のドライブも指定可能です。

ウインドウ左下に「オプション」「スケジュール」「スキーム」という項目があります。
ざっくり見て行きましょう。

 

オプション

「オプション」をクリックすると、こんなウインドウが開きます。
日本語がちょっとおかしいですが、「普通」という項目のメニューです。
「バックアップの暗号化を有効にする」を選べば、万一外付けのHDDを盗まれた場合でも、解析されない限りは安全です。

ただし、パスワードを忘れると絶望的な状況に陥ります。復元は不可能です。
また、パスワードの途中変更などもできないので、バックアップ構築時に慎重にやらなければなりません。
ご注意ください。

 

バックアップ種類。
「インテリジェントセクターバックアップ」とは、ディスクの使われていない空き領域は自動的に除外してバックアップを録る仕組みです。これをオフにすると、ディスクを正確にバックアップする反面、空き容量までトレースするため容量が大きくなってしまいます。

「Microsoft VSS」というのは、バックアップしながら別の作業しても大丈夫な仕組み。

 

コマンド。
「〜〜してからバックアップを開始する」
「バックアップが終わったら〜〜する」
を設定できるところです。
法人なんかで、会社終わってからバックアップ作業する時なんかに使ったりするんですね。

 

詳細。
圧縮レベルは、バックアップを録ったデータの圧縮をどの程度にするか決められます。
高圧縮だとコンパクトで邪魔になりませんが、バックアップの速度が遅いです。

ちなみに、圧縮率「普通」で、ごくごく標準的なWindowsのシステムバックアップであれば、おおむね60%くらいまで圧縮されるようです。ファイルの内容などで結構差が出るので、あくまで目安程度ですが。

分割は、バックアップデータが大きくなった時、適当なところで分割して保存するためのものです。
普段は気にしなくて良いと思います。

 

スケジュール

スケジュールを組めば、バックアップを定期的に実施することができます。
よくある「デイリー」「ウイークリー」「マンスリー」はもちろん搭載。

インターバルというのは、「何時〜何時までの間に、何時間ごとにバックアップを録る」という設定です。
朝8時から夕方18時までの間に、1時間ごとに、みたいなことが可能です。
うっかりファイルを上書き保存しちゃった……なんて時に、1時間前のファイルが回収できるのは大きいです。
MacのTimeMachine機能などはこの仕組みで運用されています。
個人的にはこのインターバルがお奨めです。

ほかにも「イベントトリガー」も設定できます。
パソコンの電源を入れて何分後にバックアップ開始。
シャットダウンさせようとすると、バックアップ開始。バックアップ完了後にシャットダウン。
サインイン・サインアウトももちろんトリガーとして設定できます。

あとは「USB挿入」。
USBメモリなどのUSBドライブを接続すると、自動的にバックアップが始まります。
これ、すごく便利ですね。USBメモリでデータを持ち運びしている人には、とても良い設定だと思います。

 

詳細画面。

増分と差分。
この違いですが、増分は文字通り増えた量で、前回のバックアップと比較して、ファイルの追加や変更、削除といった動きのあった分を追加でバックアップを録っていきます。
差分は、最初に録ったフルバックアップ(全体を録ったもの)を基準に、差があったものをバックアップで録っていきます。時間の経過とともにバックアップ容量が大きくなるので、長期運用には向きません。

ちなみに、「スケジュール通りに行っていなかったバックアップタスクは次回起動時に実行する」にチェックが入っていれば、例えば1週間自宅のパソコンを起動しなかった場合、次に起動した際にバックアップを自動で録ります。
チェックが外れていると、1週間分は無視されて、次のスケジュールが巡ってきた時に改めてバックアップを録りに行きます。

 

スキーム

バックアップの履歴をどのくらい残すか、
どうやって残すか、
設定します。
バックアップスキームを有効にしない場合、ディスク容量が一杯になった時点で新たなバックアップは録られなくなります。

ただ、スキームを有効にした場合でも、容量が一杯になると新しいバックアップは録られません。
容量が一杯になる前に、「保持するバックアップ数」を設定し、一番古いデータから順次消していくようにします。
「保持するバックアップ数」をある程度のところで区切ることで、ディスクが一杯になることを防ぐわけです。

 

バックアップを録ってみよう

いよいよバックアップの開始です。
バックアップとして早いか遅いか……Windows 10をインストールした直後のDellノートパソコンは1時間30分かかりました。

 

完了すると、ホーム画面にバックアップしたものが表示されます。

 

任意のファイルを復元させる

さて、復元を試してみましょう。
システム全体を復元させるなら、メニューの「復元」をクリックすれば、あとは流れで復元できると思うのですが、今回はシステム全体ではなく、なにかひとつ、任意のファイルを復元させる方法をご紹介します。

任意のファイルを探して復元するには、バックアップしたデータを仮想ドライブとしてマウントする流れになります。
詳しくない人のために噛み砕いて言うと、「マイコンピュータに過去のCドライブを出現させる」ことができる機能です。過去のCドライブが表示されるので、ダブルクリックして中身を探っていけば、当時のファイルを見つけ出すことができるというわけです。

まあ、とりあえずやってみましょう。

 

 

まず、Backupper最初の「ホーム」画面に行きます。
右上の「ツール」をクリックして、「イメージファイルの中身を確認」をクリックします。

 

どのイメージファイルを表示するかと聞かれます。
システム全体をバックアップした「System Backup」を選べば良いでしょう。

※イメージファイルというのが、つまりバックアップしたデータファイルの呼び名です。念のため。

 

いつのバックアップに戻したいかを指定します。
今回はフルバックアップ(最初のバックアップ)に戻してみます。

 

フルバックアップには、前項で解説した通り、ESPとWINRETOOLSが含まれています。これらは不要なのでチェックを外します。
右端には「A〜Z」のドライブ文字があります。特にこだわりがなければそのままで。
Cドライブだけチェックが入った状態で「次へ」をクリックします。

 

すぐに完了するはずです。

 

「コンピュータ」を開くと、新たにFドライブが表示されています。
※ PCの構成によりFドライブではなくGドライブだったり、Hドライブだったりします。

このFドライブは、フルバックアップを録った当時のディスク内容が再現されています。
このドライブの中から必要なファイルを探し出してデスクトップなどにドラッグすれば、任意のファイルを復元させることができます。

 

こんな感じでデスクトップにドラッグすれば、任意のファイルを復元できます。

 

復元ドライブの解除

復元作業が終わったら、Fドライブを解除してやりましょう。

 

マウントした時と同じく、「ホーム」画面から「ツール」「イメージファイルの中身を確認」を選択します。

 

「イメージを検索またはアンマウント」という画面になり、ここでさっきのFドライブが表示されています。
チェックの入った状態で、右下のほうにある「アンマウント」をクリックすると、Fドライブは解除されます。

今回はシステムバックアップだけでしたが、他のバックアップ方法で録ったデータでも、同様の方法で仮想ドライブとしてマウントできるみたいです。

 

総評

AOMEI Backupperには多彩なバックアップ方法が用意されていて、それぞれの都合や好みに合わせて使い分けられます。
当ブログでも全部を案内することはできなかったので、システムバックアップとその復元方法に限定してご紹介しましたが、他にもUSBメモリのバックアップや同期なども試しましたが、どれも大変便利に思いました。

ソフトの仕組みも比較的単純なので、あれこれ触っているうちにすぐに慣れました。
Webでオンラインマニュアル(日本語)も掲載されていて、分かりやすさも上々です。
総じて良いバックアップソフトだな、と思いました。

前述の仮想ドライブのマウント / アンマウントの部分については、操作感の統一が取れていないことと、微妙に日本語が適切でないために迷いましたが、とりあえず3日間使った中で、他に難しいと感じる点はありませんでした。

海外製ソフトの日本語版としては、大変良い出来栄えだったと感じました。

 

 

AOMEIってなに? どういう意味?

AOMEIは日本での展開にも積極的なようで、日本語サイトが用意されています。

 

 

AOMEIの由来については、日本語サイトだとよく解らなかったのですが、中国本社のページに詳しく説明がありました。傲梅科技。
AOMEIのAOは「傲」。誇りの意味です。日本語とはちょっと意味が違いますね。
MEIは「梅」。宝剣鋒从磨砺出 梅花香自苦寒来から取られたということです。明時代の「警世賢文」にある一文ですね。宝剣は磨けば磨くほど鋭利になり、梅の花は寒さと苦難から出でて豊かに香る、という中国では有名な言い回しです。

たぶん、社長が梅浩峰さんというので、それと掛けているんでしょう。

中国の会社なので心配という人も多いかも知れませんが、最近の中国企業はその最初から世界展開を意識しています。
日本やアメリカはもちろん、情報管理に厳しいヨーロッパ地域でも受け入れられるよう、それなりの注意を払うのは現代の常識です。
AOMEI Backupper もEU一般データ保護規則(GDPR)に基づいて設計されており、そこまで心配する要素はないかなと思いました。

このプロフェッショナル版も1ライセンス5,000円ちょっとなので、アクロニス製品と大きな差を感じるほどではないと思います。
豊富なバックアップ手段と細かく行き届いた設定で便利に使いたい方は、ぜひ一度試してみると良いと思いますよ。

 

ダウンロードソフト専門の販売サイト

CTA-IMAGE ダウンロードソフト専門の販売サイト「ダウンロードGoGo!」を開設しました。どんどんラインナップを増やしていきたいと思いますので、どうぞご期待ください!

商品レビューカテゴリの最新記事