メーカーと語り合って進めるプロジェクト。

メーカーと語り合って進めるプロジェクト。

 

✓ダウンロード版ソフトの世界にも違法コピー業者が横行している。その手口とは?

✓メーカーと話し合い、直接契約を結んで販売するという新しいビジネスモデルを創出。

✓ユーザにちゃんとした製品を届け、メーカーにお金を届けるのが使命。正規購入のメリットとは?

今後の展開も少しだけお話します!

 

 

プログラムの入ったCD/DVDディスクと取り扱い説明書、ユーザ登録はがきが化粧箱に封入された、つまりパッケージ形式のソフトが流通していた時代は、コピー品が凄かった。初期の、アキバで路上販売されていた頃は隠す気もないだろうと思えるレベルで失笑ものだったが、中国の技術革新に比例して、コピー具合が異常なくらい進化していて、ここ最近のコピー品は、もう偽札製造に匹敵するようなハイレベルな偽造技術が用いられていて、それ専門に研究していないと見破るのは無理だろうと思う。インクの粒子にまで注目しないと、真贋が見抜けないのだ。

ダウンロード販売なら違法コピー業者も相当減るだろうと思い、実はその辺の理由もあってリニーズはダウンロード版ソフトの販売業へと舵を大きく切ってみたのだが、ここはここで、なんとも不正の多い景色が広がっていてがく然とした。思いのほか、違法コピー業者が増え始めていたのである。

代表的な手口はこうだ。
正規ソフトのインストール時に使うシリアルキーをパスするためのクラックツールを使う。
その道では有名なツールでKeygenという種類のツールがある。これを使うと、認証用のシリアルキーを自動生成することができる。
ここで生成したキーをネット上で配布したりする掲示板様のものがあって、出元はたいていそういう場である。
ツールさえ手に入れればごくかんたんな作業で、数クリックでシリアルキーを偽造できる。
※ 素人が入手できるKeygenはほぼ偽物で大変危険です。注意してください。仮に成功しても犯罪です。もちろん逮捕事案です。

または、何らかの流通過程において安売りしていたものを購入し、それを転売するというパターン。
差額だけで儲けられる分なんて多寡が知れているのだが、それでもやる人はやる。しかも実はずっと使い続けられるソフトではなく、1年間期間限定のソフトだったり、機能制限があったりするものだったりするが、その辺はもちろん隠して売り抜けてしまう。
メーカーはその尻拭いで莫大な予算を割かれる場合さえあるのだ。

もちろんメーカーも傍観はしていない。
不正なシリアルを見つけると、そのシリアルを差し止める方法は用意されている。
普通に使えていたのに、ある日突然使えなくなるケースが結構あるが、たいていそれが原因だ。
脅す訳ではないが、後日警察の手入れがあると事情くらいは聞かれるリスクがあると思う。

また、一般企業に勤務する友人から聞いた話だと、つい先日、友人の勤務先にACCS(一般社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会)からの請求書が届いて、300万円くらい支払ったらしい。これも社内調査で社員の一人が個人的な判断でコピーソフトを利用していたことが明らかになった。仕事で使っていたこともあり、その場は会社が立て替えたらしいが、今ごろきっと針のムシロではないだろうか。

自分たちの優位性を示すために言う訳ではないが、買う場所は選ばないと後に祟られるのは間違いないと思う。
水の高きから低きへ流れるがごとく、値段も安い方へ安い方へと流れていくのが人情とは思うが、世の中それだけではないことも思い出して欲しい。

 

というわけで、我らが「ダウンロードGoGo!」も、そこのところに一番気を遣っている。
「ダウンロードGoGo!」に掲載しているすべてのソフトは、メーカー各社との直接契約の上で取り扱っている。
ソースネクストさんも、キングソフトさんも、イギリスのSerifさんも、すべて直で話し合ってご理解いただいたものである。
ラインナップには有名大手のメーカーや外国のメーカーもあるが、そこともちゃんと話し合った。ここに業歴20年の実績と技量がある。

「ダウンロードGoGo!」で買ったものは、すべてメーカーと同じサポートが受けられるし、同じ品質の商品であることを保証する。
もちろんウチだけが正規店だとは言っていないが、どうか信頼できる店で買って欲しいと思う。

ちなみに「ダウンロードGoGo!」の場合、直接取引のため、メーカーへの利益還元も大きい。
安定的で充実した開発環境を維持してもらうためにも、少しでもメーカーにお金が回るようにしたいと思う。
製品やメーカーのファンの方にとっても、同じお金を払うなら、その方が嬉しいと思わないだろうか。

また、私たちの目利きで商品を揃えている。
正直言って、ユーザレビューほどアテにならないものはない。作為と謀略のオンパレードである。
私たちはその辺は敢えて見ないで、実際にソフトを試して加えるかどうかを決める。良いものしか置かない。

そして、メーカーとユーザの間にあることを理解する。
ユーザの要望はできるだけ伝えるように心がけ、メーカーの考え方も皆さんに伝えるように心がけている。
当サイト「リニーズメディア」は、そのための媒体という意味もあって、今後メーカーインタビューなども積極的に掲載していきたいと思っている。

「ダウンロードGoGo!」では、現在も同時進行で数社と話し合っている。
今月、来月頃にも大きなメーカーが追加される予定で、その後も幾つかの商品が控えている。
年内には現状の倍くらいの規模感に育てていきたいと思っているので、どうか期待して見守っていて欲しいです。

 

ダウンロードソフト専門の販売サイト

CTA-IMAGE ダウンロードソフト専門の販売サイト「ダウンロードGoGo!」を開設しました。どんどんラインナップを増やしていきたいと思いますので、どうぞご期待ください!

告知カテゴリの最新記事