Affinity Photoを使って、写真をキレイに切り抜くテクニック

Affinity Photoを使って、写真をキレイに切り抜くテクニック

リニーズで大好評発売中のグラフィックツール、Affinityシリーズ。
その中の写真加工ソフトであるAffinity Photoを使って、写真などの画像をキレイに切り抜くテクニックをご紹介してみようと思います。

なお、今回の写真素材はphotoAC(写真AC)というサイトでダウンロードしたものを使っています。

以下の写真はクリックすると拡大して見えるようにしてあります。

 

まず開いたところ。
外国人のおねーさんがファイル持っています。このおねーさんを切り抜こうと思います。

おねーさんは、さらさらヘアーが難しそうですね。どうやって切り抜くかがテーマになりそう。

 

 

画像を少し大きくして、見やすいサイズにしたら、「選択ブラシツール」を使っておねーさんをなぞっていきます。
すると、白黒の点線で囲まれていくのが分かると思います。

 

ちなみに「選択ブラシツール」というのはこれです。
画面左端にツールが揃っています。

最初はざっくりで構いません。
神経質にならず、大ざっぱになぞれば大丈夫です。

大ざっぱに全体を囲んだら、写真を拡大したり、選択ブラシツールを小さくしたりしながら、細かい部分も調整を入れていきます。

 

写真を拡大すると作業が楽になりますよ。

Enterキーのすぐ左隣にある [ キーを押せば、選択ブラシツールの範囲が小さくなり、
逆に ] キーを押すと範囲が大きくなります。
使い分けて、マウスでチョイチョイ削りとるイメージで。

 

失敗したら「Ctrl(Command)」キー+Zキーで。
または「除外」を選ぶと、点線を削除することができます。使い分けましょう。

 

完成。
ファイルの隙間もちゃんと刳り貫いてあります。

さらさらヘアーは、とりあえずギリギリくらいのところまで選択しました。
多分これでいけるはず……

 

足下の方。これ、よくよく作業に取り掛かると、意外と困難でした。
この幾何学模様の床と奥のクッションの影響を受けて、足首のジーンズがキレイに指定できなかったのです。
また、靴ひもが細すぎて、クリックしてもキレイにできませんでした。

 

そこで、ちょっと怪しいなと思ったジーンズの部分と靴ひも周辺は、ちょっと大きめにざっくり残しました。
後で処理します。

 

作業が終わったら、上図の「調整」ボタンをクリックします。

 

すると、こんな感じの画面になります。
半透明な赤い部分は「消える部分」となります。

この状態になったら、このまま、さらさらヘアーの境目をなぞってみてください。
すると、こんな感じになっていくと思います。

 

↓↓↓

これは、人間だけでなく動物の毛とか、毛布、その他境目があいまいな画像を範囲指定するための機能です。
これで良い感じに切り抜けるんじゃないでしょうか……

 

足下はこんな感じに。
後で処理します。

 

アプリの右下にこんなマークを見つけてください。
新規マスクレイヤーの作成ボタンです。
これをクリックすると、下図のようになります。

 

マスクレイヤーを作成すると、周囲の画像は消えます。

 

レイヤーがこんな状態になっているはずです。

 

さて、いよいよ足下の部分の修正です。

左側のツール群から、「フリーハンド選択ツール」を選びます。
矩形マーキーツールを長押しすると出てきます。

 

 

フリーハンド選択ツールを選んだら、タイプを真ん中に選んでください。

 

この状態で、マウスでクリックしながら、境界線を自分で選択して行きます。
クリックする度にポイントが固定されるので、かちかちクリックしながら選択して行きます。

上図は説明画像なのでこの大きさですが、実際はもうちょっと拡大した方が取りやすいです。

 

起点と終点は結ばないと終わりません。
こんな感じでぐるっと囲んでやれば指定完了です。

 

ここまで作業が終わったら、右側に出ているレイヤーから、「マスク」を選択します。
さらに左側ツール群から、「ペイントブラシツール」を選択します。

 

ペイントブラシツールを選んだら、色を黒に指定します。
000000、真っ黒です。

 

この状態で、先ほどの範囲指定内を塗っていくと、その部分がどんどん消去されていきます。
上手くいかない場合は、「マスクが選択されているか」「色が黒に指定されているか」「ペイントブラシツールの流量、硬さが100%になっているか」などをチェックしてみてください。
目の粗いブラシが選択されていて、キレイに消えてくれなかったということもありました。

 

完成。キレイにできたと思います。

これをマスク+元の写真をセットにしてコピーしておきます。

 

こちらもphotoACでダウンロードしてきた草原の背景。

 

こんな感じで合成してみます。
うーん、もう少しかな。

 

何度か微調整を行って、なんとなく写真のトーンを同じ感じに合わせて、
まあ、とりあえず完成で良いかな、というレベルに。

 

完成品です。
背景が良くなかった……と記事を書きながら後悔。

林はデザイナーではないので、本職の方からするとまだまだ……だとは思いますが、素人でもこの位の仕上がりになります。
もっと技量が上がって上手くなっても、Affinity Photoは応えてくれそうな気がします。

 

Affinity Photoは、当社のダウンロード販売専門サイト「ダウンロードGoGo!」で販売中です。
興味を持ちましたら、ぜひ当店からお求めください!

 

ダウンロードGoGo! はじめました。

CTA-IMAGE ダウンロードソフト専門の販売サイト、「ダウンロードGoGo!」を開設しました。ダウンロードソフトをたくさん集めてきますので、どうぞご期待ください!

Affinityシリーズカテゴリの最新記事