Affinity Photo くっつく スナップ機能を有効にする Affinity Photo を使うのに必須のテクニック

Affinity Photo くっつく スナップ機能を有効にする Affinity Photo を使うのに必須のテクニック

 

Affinity Photoを使っていると図形を組み合わせたりすることって多いと思います。

そんなとき、マグネットみたいに、隣の図形とくっついたり、その図形の中央にピタッとくっついてくれたら便利ですよね。

Affinity Photoには「スナップ機能」と呼ばれる機能が実装されていて、これを使うとちょうど良い場所にジャストミートしてくれます。便利ですね!

上の動画で分かる通り、オレンジの図形に青い図形を近づけると、ピタッとくっつきます。
また、水平線は赤いライン、垂直線は緑のラインで表示され、キレイに整列させることもできます。

表組を作って、文字を入れ込むときに文字を矩形中央に配置する、なんてときにとっても便利です。

今回はそんなくっつく機能……スナップ機能をご紹介したいと思います。

 

Affinity Photoのくっつく機能を有効にする

スナップ機能。別名くっつく機能(笑)の有効の仕方はかんたんです。

上の動画にもある通りですが、上部にくっつく機能の有効化ボタンがあります。

Affinity Photoのくっつく機能有効化の方法

動画だと小さくて見えにくいと思うので拡大した画像をご用意しました。

一番上の左側に「スナップを有効にする」があるので、ここにチェックを入れるだけです。

隣の「スクリーン許容範囲」は、そのピクセル数までオブジェクトが近づくと吸着作用が働くようになります。
つまり上図だと5ピクセルまで接近するとピタッとくっつくわけです。
20ピクセルとか数値を大きくすると、なんでもかんでも吸着してウザくなります。ご注意を。

あと、候補を「すべてのレイヤー」に。
ただ、多重的な図形を作りたいなら「候補レイヤー」にすると良いでしょう。

 

Affini Photoで特定のオブジェクトをくっつく機能から外す方法

Affinity Photoのくっつく機能。無効化の方法

あるオブジェクトだけをくっつく機能対象外に設定することもできます。

右サイドのレイヤー一覧から任意のオブジェクトを右クリック、

スナップから除外

これを選べば、そのオブジェクトは機能の対象から外れます。

 

Altキーを押しながらマウスで動かすと、一時的にくっつく機能を無効化できる

オブジェクトをマウスでドラッグするとき、Altキーを押しながら操作すると、一時的にくっつく機能が解除された状態になります。

例えばレイヤーで重ねた下の図形の大きさ調整をする……なんて時はAltキーを押したまま操作すると上手くいきます。

 

このくっつく機能を上手く使えるようになると、例えばこんな感じのマトリクス表もサクッと作成できるようになります。

 

Affinity Photo くっつく機能で作成した、WPS Office マトリクス表

Affinity Photoを使って、ぜひこんな表組や格好良い図形を作ってみてくださいね。

 

 

 

ダウンロード版ソフト専門の販売サイト

CTA-IMAGE 私たちが運営するダウンロード版ソフト専門の販売サイト「ダウンロードGoGo!」は、
メーカーとユーザさんを繋ぐ販売サイトとして立ち上げました。
ぜひ覗いてみてください!

Affinityシリーズカテゴリの最新記事