【初歩の初歩】 HP6300 aioをカスタマイズする。中盤戦

【初歩の初歩】 HP6300 aioをカスタマイズする。中盤戦

前半戦はこちら

友人に頼まれて、HP6300 All in Oneにちょっと手を入れて納品するミッション。
2回目の今日は、システムをWindows 8.1 Pro 64ビット版へ載せ替える作業をご覧いただきます。

32ビット版のオペレーティングシステムは、メモリを4GBまでしか活用できません。
それ以上メモリを積んでいても、単に遊ばせておくかたちになってしまいます。
64ビット版へ載せ替えることにより、4GBを超えるメモリも活用できるようになるため、大筋において快適な動作が期待できるようになるはずです。

実際には、そのオペレーティングシステムの上で使うソフトが64ビット版に対応している必要があります。
最近のソフトの多くが64ビット対応を謳っているので大丈夫だと思いますが、古いソフトだと32ビット限定になる場合もあります。

さて、早速作業に入りましょう。
戻らなくなって困るかな、と思う人はバックアップを取るようにしましょう。
Acronis True Imageなどはお薦めです。またはWindows 7に搭載されている機能を使って「修復ディスク」を作成しておくと良いでしょう。
今回は割愛して、インストール作業に突入します!

起動。このまま放っておくと、ハードディスク内の旧Windows 7を読み込んで、普通に起動してしまうことがあります。
[ESC]キーを押すと起動メニューが立ち上がるので、DVD-ROMから起動するように設定するとインストールできるようになります。

お、無事にインストールが始まったようです。
DVDを読み込む音がするので、分かるはずです。

最初の画面。
日本語を選択。たいていは最初の設定のままでOK。

覚悟が決まったら、「今すぐインストール」ボタンをクリック。

「セットアップを始めています」

プロダクトキーの入力画面です。
ディスクが入っているケースの裏面などに、シールが貼り付けられているので、これを入力していきます。
リニーズへ問い合わせの電話がある場所の第2位くらいが、この画面です。
経験上、ほとんど100%に近い99%くらいが、入力間違いです。ヒートアップして怒り狂った電話をして恥ずかしい思いをする前に、もう一度丁寧に確認しておくことを強くお薦めします。
とりあえずトイレに行って、
キッチンに行ってお湯を沸かして、
コーヒーでも淹れて、
お気に入りのお菓子と一緒に食べて、
できればスマホでギャグ漫画でも読んでから電話すると良いと思います。
本当に、そのレベルで入力ミスです。

無事にプロダクトキーが認識されれば、契約条項のページです。
左下の「同意します」をチェックの上、「次へ」をクリックしましょう。

パーティションの設定。
物理的なハードディスクは1台ですが、そのハードディスクを内部的にパーティション(仕切り)を設けて使う場合があります。
HP_RECOVERYは、このHP6300に最初から入っているWindows 7のインストール用データでしょう。
HP_TOOLSはHP6300のシステム診断用の領域らしいです。
OSはいわゆる「Cドライブ」、
SYSTEMは大雑把に言ってしまうと、Windows 7によって自動的に作られたシステム領域です。
Windows 7と完全におさらばするのであれば、すべてのパーティションを「削除」して、ひとつにまとめ上げて、その上で「フォーマット」を選択すれば500GBフルに使えます。それは不安だということになれば、「OS」の部分だけフォーマットを掛けて、ここにWindows 8.1をインストールする流れになります。

今回は、すべて「削除」した上で「フォーマット」を掛けました。

インストール開始。
ここからは放っておくしかないです。

お、いよいよインストールが終わったようです!

インストールが終わり、初期設定が始まります。
パーソナル設定。「けんたのWindows」みたいなシステムに名前をつける設定です。
色は自由に選び、パソコンの名前も適当に。
名前を入れるのってちょっと格好悪い気がして、今回は「PC」にしておきました。

設定のための設定画面。
Windows Updateを自動的に実行して、最新アップデートを適用するようにするとか、
位置情報サービスなどのデータを、裏でマイクロソフトに自動送信しても良いかとか、
Bingで検索した内容をマイクロソフトが把握して、最適化した広告出しても良いかとか、
そんな感じのものをほとんどぜんぶ「はい」にするのが簡単設定です。
そんな好餌をばらまくのはガマンならん、という方は詳細設定ボタンをクリックしましょう。

今回はマイクロにプライバシー晒すのを食い止める記事ではないので、このあとの設定画面は割愛します(実作業は詳細設定でやっていますけど)。
まあ、ちゃんと読めば分かる範囲の設定ばかりなので、ご自身でやっても特別難しいところはないと思います。

設定完了後、こんな感じの画面に。

マイクロソフトアカウントの設定画面。
マイクロソフトアカウントがあると、WindowsやOfficeを登録しておくことができ、ブラウザでWordやExcelを使うことができたり、いろいろ良いことがたくさんあります。
Office 2013からはオフィスソフトもクラウド化されているので、インストールするにはマイクロソフトアカウントが必要です。
友人にLINEで連絡して、アカウントを聞き出してログイン。

最後の「お待ちください」

画面が変わっても、まだ「お待ちください」

「最後の処理をしています」長いなぁ……

はい、完了です。
マイクロソフトアカウントでログインした状態だと、右上に名前が表示されます。
Windows 8.1はデビュー当時はスタートボタンがないとか、重いとかいろいろいわれて不人気でしたが、実は玄人受けするシステムで、Windows 7譲りの安定性と、Windows 7よりもある程度進んだ進歩的な設計があり、ヘビーユーザの間では意外と評価高めです。うちの店でも買うお客さまは明らかに詳しそうな感じがします。

以上、ここまででWindows 8.1 Pro 64ビット版の導入は完了です。
次回はドライバやらいろいろ導入して、Windows Updaeを最新まで持っていきたいと思います。
次回完結、お楽しみに。

後半戦はこちら

ダウンロードGoGo! はじめました。

ダウンロードソフト専門の販売サイト、「ダウンロードGoGo!」を開設しました。ダウンロードソフトをたくさん集めてきますので、どうぞご期待ください!

商品レビューカテゴリの最新記事