MacOS Catalina のアップグレード通知を切る方法

MacOS Catalina のアップグレード通知を切る方法

10月7日、MacOS 10.15 Catalinaがリリースされました。
以前からMacを使っていた人は、システム環境設定にバッジが点灯して更新の案内が出るように……

 

毎朝、画面右上に通知が出るのもウザったいですよね。
そこまでオススメされるのに、Catalinaときたらバグばっかり……

当面アップグレードは見送ろうという方にとって毎日通知されるのはウザいし、操作ミスでうっかりアップデートしたら残念すぎます。。
そこで今回は、このCatalinaのアップグレード通知をオフにする作業を試してみたいと思います。

 

まず、アプリケーションフォルダから「ターミナル」を開きます。
ターミナルに以下のコマンドを入力します。

 

 

softwareupdate --ignore "macOS Catalina"

 

 

Ignored updates:
(
“macOS Catalina”
)

この表示が出れば完了です。

 

「システム環境設定」ー「ソフトウェア・アップデート」で確認しても、もう出てこなくなりました。

 

ただし、相変わらずバッジは「1」と表示されています。
まあ、これは忘れるのを防止する意味で、そのままにしておきましょう。

 

なお、これを戻す場合は、同じくターミナルから以下のコマンドを実行してください。

 

 

softwareupdate --reset-ignored

 

ダウンロードソフト専門の販売サイト

CTA-IMAGE ダウンロードソフト専門の販売サイト「ダウンロードGoGo!」を開設しました。どんどんラインナップを増やしていきたいと思いますので、どうぞご期待ください!

PCメンテナンスカテゴリの最新記事