オモロー! 動く写真を作ろう、Pixaloop!

オモロー! 動く写真を作ろう、Pixaloop!

面白いスマホアプリを見つけたのでご紹介。
スマホ好きな方の間ではすでに知っている人も多いかも……

「Pixaloop(ピクサループ)」は、スマホで撮った写真の一部を動かすという不思議なアプリです。
何を言ってるのか分からない?
じゃあ、とにかく完成品を先にご覧いただきましょう。

 

 

こんな感じ。
でも、実は元になった写真は1枚のスマホ写真というわけ。

 

外部への書き出しも簡単で、パソコンに書き出すとmp4形式のムービーになります。
TwitterやFacebook、Instagramの各種SNSへも書き出す機能が搭載されているので、ちょっと目を引く画像を……という場合はこれ、結構良いと思いますよ。

 

iPhoneアプリ、Androidアプリ両方あるようです。
タイトルで検索してみてください。

 

インストール直後、ざっくりとした作業手順を教えてくれます。

写真の滝の部分を上から下へなぞると、滝が落ちてくる動画になります。
逆に下から上へなぞれば、逆流する滝もできます。

 

イカリは、動画化したい範囲を指定する機能です。
小さな菱形のポイントで、ポンポン…とタップしていき範囲を決めます。

 

固定化させることもお手の物です。

 

オーバーレイ機能で、エフェクトを足すこともできます。

 

え、有料アプリなの?

いえ、左上の「x」マークをタップすれば、無課金でも遊べます。

 

起動直後はサンプルの写真が表示された状態。
これを試しにいろいろデコレートしてみましょう。

 

空を変更。へー、こんなこともできるのか……
有料課金にすると選べるサンプルが増えるようです。

 

エッセンシャル。
要るかどうかはセンス次第だけど、異世界っぽさを出せるのか……

 

全体に不思議さを加味。

 

「動画化」をタップすると、いよいよ動かす設定です。

「パス」
写真を指でなぞって、水の動きを逆流させましょう。

「イカリ」
上図の小さな菱形がイカリです。滝の水周辺をタップすると、その範囲が動画化されます。

「削除」
訂正したりするときは、「削除」をタップした上でパスやイカリをタップすると消えます。

 

加減を見ながら速度調整。

 

動かさない部分を塗りつぶすと、そこは動きの範囲から外れます。

 

ループ設定。
自然に見えるものを選びます。

 

これで完成です。
すると、冒頭のような写真がかんたんに仕上がります。

 

チェックして楽しくできていたら、書き出してみましょう。
画面一番右上の共有ボタンをタップすると、上のような書きだしモード

「Facebook」「Instagram」「Snapchat」「Twitter」の投稿に対応しています。

「ビデオ」を選ぶと、スマホのギャラリーに保存されます。
あとはDropboxとかOneDriveなどにファイルを移動してパソコンで同期させれば、かんたんに取り込むことができます。

 

書き出しも10秒かそこら。
速いです。

 

やってみると、なかなか楽しいです。
有料課金すると表現の幅も広がるようですが、無課金でもなかなか遊べます。

手元の写真で遊んでみました。

 

 

空が動くように。……あ。
よーく見ると電柱が右に左に動いていますが、これもご愛嬌w

丁寧に処理するとこの辺もちゃんとできます。

驚いたのが、空のパターンを変えてみたところ、写真でちゃんと空の部分を認識して差し替えてくれています。
元の写真だと、空の右側が白みがかっていますが、動画だとちゃんとブルーでこっちの方がキレイです。

 

 

こちらは雨を降らして、川の流れを再現。
川の中の岩を固定化して流れないようにしたり、
わざとパスを細切れにして、ループ時の巻き戻り感を軽減したりしています。
結構良くできてる!

 

うん、楽しいです。
今度Facebookになにか上げてみようかなぁ。

ぜひ皆さんも試してみてください。

ダウンロードソフト専門の販売サイト

CTA-IMAGE ダウンロードソフト専門の販売サイト「ダウンロードGoGo!」を開設しました。どんどんラインナップを増やしていきたいと思いますので、どうぞご期待ください!

商品レビューカテゴリの最新記事