Windows 10でも使える、PC高速化ツール「ReadyBoost」を試す

Windows 10でも使える、PC高速化ツール「ReadyBoost」を試す

Windows Vistaが登場したとき、「ReadyBoost」という機能が初めて公開されました。
使っていないUSBメモリをReadyBoostに設定してやると、パソコンの動作が高速化するというものです。

そのReadyBoost、実はWindows 10でも使うことができます。
現在ではパソコン内蔵のハードディスク(HDD)をSSDに交換してやるとかなりの高速化ができるため、以前ほど実用性は失われてきましたが、HDDにWindows 10をインストールしている場合は相応に高速化が望めるので、ぜひ試してみてください。
用意するものは、USBメモリ。余っているヤツで大丈夫です。
それでは行ってみましょう!

 

ReadyBoostの仕組み

ReadyBoostは、メモリとハードディスクの中継ぎみたいな役割を果たします。
メモリは動作が非常に高速ですが、ハードディスクはとても低速です。

メモリから逐一送られてくるデータを、ハードディスクがモタモタ読み書きするせいでパソコンが全体的に重くなったり、場合によってはフリーズ(固まる)を起こす一因となるわけです。

そこで、メモリとハードディスクの間に立って、ハードディスクのお手伝いをする役割をあてがわれたのが、このReadyBoostです。
細かい仕組みはここで説明する意味もないので割愛しますが、基本的にはHDDの手伝いをするための機能なので、SSD環境ではこの機能は使えません。

一般的にReadyBoostはUSBメモリを使いますが、別にSDカードなどでも構いません。
ただ、SDカードは読み書きの速度が遅いため、ちゃんとした効果を得たいのであれば、「ReadyBoost対応」「USB3.0対応」のUSBメモリを用意することをお奨めします。

 

ReadyBoostの設定方法

 

まず、上図のようにエクスプローラーからUSBメモリを探しだし、アイコンの上で右クリック。
「プロパティ」を選択します。

 

プロパティが開くと、タブの中に「ReadyBoost」という項目があるので、そこをクリックします。

 

USBメモリ全体をReadyBoostにする場合は「このデバイスをReadyBoost専用にする」
一部は普通の記憶メディアとしても使いたい場合は「このデバイスを使用する」にして、その下にあるゲージを使って、どこまでをReadyBoost領域にするかを設定してください。

「OK」ボタンを押せば完了です。

なお、当たり前ですが、パソコンにはずっとこのUSBメモリを挿しっぱなしで使います。
引っこ抜いたら効果はなくなりますよ。

 

上例は、たまたま手元にあった1GBのUSBメモリ(かなり古い)を使っていますが、一般的にはパソコンのメモリの3倍程度が望ましいです。
たとえばメモリ4GBのパソコンで使うなら、12GB……というUSBメモリはないので、16GBくらいのものを買ってきて使うといいと思います。
また、できる限り「ReadyBoost対応」「USB3.0対応」と書かれたUSBメモリを用意して、パソコン側もUSB3.0ポート(ポートの中が青色になっているのでわかると思います)に接続すると、恩恵を受けやすくなると思います。

最後に、下記リンクを参照してポリシーを「高パフォーマンス」設定にすると良いですよ。

 

そもそもUSBメモリをいきなり抜くとダメだった理由

 

実際にHDD搭載パソコンに16GBのUSBメモリを使ってReadyBoostしてみたところ、目に見えてキビキビと動き出しました。
使っているうちに、よく使うソフトを覚えてくれるので、どんどん快適さが向上するみたいです。
SSDに交換するのが最も良い方法ではあるのですが、そこまでできない……という初心者の方は、お手軽に高速化が図れるこの方法がなかなかお奨めで良いんじゃないかと思います。

ぜひお試しを!

ダウンロードソフト専門の販売サイト

CTA-IMAGE ダウンロードソフト専門の販売サイト「ダウンロードGoGo!」を開設しました。どんどんラインナップを増やしていきたいと思いますので、どうぞご期待ください!

PC使い方講座カテゴリの最新記事