これぞ未来ガジェット! Canbor VR ゴーグルで未来のエンタテイメントを堪能する。

これぞ未来ガジェット! Canbor VR ゴーグルで未来のエンタテイメントを堪能する。

 

個人的にはあんまり興味はなかったんですが、なんたって3,000円です。3,000円でリニーズメディアの記事が書けるなら、とりあえず買ってみようか……ということで、Canbor VR ゴーグルを購入してみました。

 

 

すぐに届きました。
思ったより軽いです。中身入ってるのかなぁ……

 

開封したら、こんな感じでした。
VR本体と、Bluetoothで接続できるコントローラー、マニュアル、クリーナー布。

 

これが本体。
よく知らないでVRゴーグルってのを買ったんですが、これ自体は機械じゃないんですね。
要するにレンズの部分。
フタを開けてスマホを装着して、アタマに被ればVRになるよ、というものでした。

 

こんな感じでゴーグル前面部がパカッと開くので、
スマホを設置してそのまま閉めます。

 

ガチャッとフタを閉じたところ。
個人所有のAsus ZenFone 5は6.2インチですが、ギリギリ搭載可能でした。
一応、4.0〜6.3インチまで対応しているそうです。
最初は分からなかったのですが、内部の固定具がスライドできたので、大きさに合わせてちょうど良い大きさに拡げて搭載させます。

 

こんな感じ。

 

iPhoneのApp Storeや、Google Play Storeでは、VR専用のアプリが出ていました。
上の写真のように真ん中で分割されていて、これをゴーグルに搭載することでVR体験できるというわけです。

 

レンズを通して覗いてみた。
CGの風景が見えませんか?

 

片側のレンズにフォーカスしてみました。こっち左側。

 

こちら右側。
違う写真が見えているのに、ゴーグルをかけると、まるで部屋の中にいるような感覚です。
上を向けば天井が見られ、下を見れば床があり、ぐるっと身体を回せば360度部屋の中を見られるんです。
なんか不思議体験!

 

「シンプソンズ」の様子。

 

ジェットコースターを体験するVRもありました。
メニュー画面もVRになっていて、右向いて左向いて、いろいろなジェットコースターが選べます。
特に実写のジェットコースターは秀逸。
床のないジェットコースターに乗ってみた(?)んですが、没入感がすごくて本当に空を舞っているような感覚があってビックリしました。
座ったらアカンやつです。少し広い場所で立ってVRゴーグルを装着するのがオススメです!

 

 

 

レンズ越しではキレイに撮影できなかったのですが、宇宙遊泳。
英語の説明が万人受けしなさそうですが、惑星を巡るスマホアプリです。
宇宙好きなら是非!

 

 

最後はホラーゲーム。
これ、面白かった! 結構怖くて好きかも!
没入感があり、思わずしゃがんでしまったり、ビックリして仰け反ったりしていたので、
スタッフからは「社長、不審者です」と笑われてしまいましたw

他のアプリも共通ですが、中央に白い丸があります。
例えばロッカーのドアを開けたいと思ったとき、その白丸がドアノブに合わさるように視線を移動させて1〜2秒すると、そこが選択される仕組みでした。
なるほど、「ゲームやるとき、どうやってタップするんだろう……」と思っていましたが、合点がいきました。

 

 

他にも、Reゼロのレムと異世界生活(有料)とか、SAOのアスナと過ごす(有料)とか、男の夢を叶えてくれるかも知れないVRアプリなんかもありましたし、空を飛ぶVRやプラネタリウムのVR、その他ゲーム系もちょいちょい出ていました。
3,000円で遊べるなら、良いんじゃないかな!

とにかく没入感がすごく、少し広めの部屋で立ってプレイするのがお奨め。
椅子に座っちゃうと、ちょっと面白くないかなぁ。
ジェットコースーター系のアプリなどは、なんとなく浮遊感に似た感じのものがあって結構楽しめました。
ホラーものは、夜1人でやるのは勇気いるなぁ。すごい怖かったです。

正直、VRはあんまり興味がなくてスルーしていましたが、迫力あるFPSなんかのゲームが出て来たらきっと楽しいと思いますし、逆にベッドに寝転がってプラネタリウムとか見たら、本当に癒やされそうです。
是非皆さんもお試しください。お奨め!

ダウンロードGoGo! はじめました。

CTA-IMAGE ダウンロードソフト専門の販売サイト、「ダウンロードGoGo!」を開設しました。ダウンロードソフトをたくさん集めてきますので、どうぞご期待ください!

商品レビューカテゴリの最新記事