雑談

エコリカさんがやってきた。

2019年12月25日

リニーズみたいな小さな会社でも、年末になると何社からかご訪問をいただきます。
わざわざありがたいことで、ああ、忘れられなかったなんて幸せだなぁ……と感動するのですが、まさかエコリカさんからご訪問いただけるとは予想していませんでした。
嬉しすぎたので記事にしちゃいました。

エコリカさんといえば、プリンタ用互換インクの超大手。
純正品含めても、インク市場でキヤノン、エプソンに次ぐ第3位のメーカーです。
最近は徳光さんが出演しているテレビCMも盛んにやっているので、見たことある方も多いはず。

 

 

エコリカカレンダー、貰っちゃいました!
幾つか貰ったので、お正月に来ていただいた方にプレゼントしようと思います。

 

エコリカは今年の第20回グリーン購入大賞で大賞受賞を果たしました。

 

(クリックすると拡大できます)

エコリカの互換インクは、純正品のインクカートリッジを回収するところからスタートします。
広く一般から使用済みのインクカートリッジを集めてきて、
これを丁寧に清掃し、そこに互換インクを再充填したものを販売するというシステムです。

インクカートリッジ自体は純正品と同一なので、トラブルが起きる可能性は相当低いといえます。
さらにインクに対しても専門の研究チームがあって、そこで細かく成分分析をしているため、実はかなり純正品に近い品質を保てています。
なにより、使用済みのカートリッジがゴミにならないのはエコで良いですよね。

最近では中国から互換インクがかなり入っていますが、これらは使用済みの純正カートリッジを使用しておらず、完全コピー品を作って販売しています。
プリンタのメーカーはカートリッジにも特許を取っている場合が多く、そこは当然特許法違反に当たるため、短期間に荒稼ぎしてメーカーから目を付けられたら撤退、というのを繰り返すスタイルのようです。
またインク成分も中国の安価なものを使うため、最初の1年くらいは問題にならないのですが、酸性に傾いているインクがプリンタ内の基盤等に付着することで機能不全を起こし、1〜2年すると故障するというケースも多いらしいです。

互換インクならエコリカですね。
リニーズでも店頭販売を展開中です。ぜひぜひ!

 

ちなみにエコリカさんは、アップルストアや家電量販店などにパソコン関連製品などを提供する卸商社エム・エス・シーさんの子会社です。
リニーズでも好評を博している完全ワイヤレスイヤホン MS-TW3 なども、実はエム・エス・シーさんの子会社が製造している商品で、リニーズでは以前から色々お世話になっています。
ちょっと前はこんなこともありました。

 

M-SOUNDSの社長さんから、試聴サンプル機をいただきました! お店へ聴きに来て!

-雑談

© 2020 ノイテックス有限会社