パソコン用ソフトウェアにかける思い。ダウンロードGoGo!の情熱とは?

パソコン用ソフトウェアにかける思い。ダウンロードGoGo!の情熱とは?

この道20年のPCソフトオタクが世界中を駆け回って、なんかすごいソフトを集めてくるサイト

実は年末のことで、もうちょっと時間経っちゃったんですが、「ダウンロードGoGo!」に僕のソフトウェアにかける思い、情熱について書かせていただいたページを設けました。

 

 

すると、年明けから「ダウンロードGoGo!」で注文されるお客さまがかなり増えてくるようになり、たぶんこの記事が理由じゃないかなぁ……と思ったりしているので、ちょっと嬉しくて当ブログでも取り上げさせていただくことにします。

 

日本のパソコン利用率が酷いことになっている

僕が見たデータソースとは少し違うのですが、同じ経済協力開発機構(OECD)の調査を元にした記事です。
日本の順位の低さに思わず目を疑ってしまいます。
ブラジル、メキシコ、モロッコといった国は、自宅でパソコンを購入できる資力がなかったり、居住地域によってはインターネット設備が不十分な場合があって、「そもそも環境が整っていない」ことが大きな理由だろうと思います。
環境もバッチリで、お金もそれなりにあって、なのにパソコンを利用できない日本は、かなりおかしなことになっている気がしますよね。

 

パソコン利用率が低い理由は、大人が詳しくないから

僕も小学生の親なんですが、息子から聞かされた内容にショックを受けています。
学校でパソコンの授業中に、こんな指導をされたそうです。

・Wikipediaに書かれていることはウソなので見てはいけません。
・Twitterやインスタはよくないものなので、アカウントを作ってはいけません。

日本の首都圏でこのレベルです。
これじゃあどこかの国と一緒じゃないですか。

子どもの言うことなので……と思っていたら、夏休みのプリントにも似たようなことが書かれていたので、たぶん実際にそう教えているんだと思います。
僕の子ども時代は、学校帰りに買い物したらいけませんってのがあって、もちろんみんな率先して破ったものですが、今の子どもたちはお上品で、とても聞き分けのよい子たちばかりです。こんな指導にも素直に従っているみたいです。

一応僕はパソコンの専門家でやっているので、Wikipediaのパソコン関連の項目の幾つかに、少し極論に過ぎる記述があることも分かります。
また、実はもうひとつ、パソコンとは真逆の、ある分野の研究者でもあるのですが、やはり語弊の多い説明だと思える部分を見つけることもあります。

ただ、それだけです。
大概において間違っていないし、専門的に研究するわけではなければ、その程度の理解で十分と思える内容ばかりです。
小学生相手に、それを理由にして禁止する必然性があるのでしょうか。

Twitterやインスタも同じで、子どもがネットにおけるコミュニケーションを学ぶ場を閉ざしておいて、じゃあ20歳過ぎたらアカウント作っていいですよ、早速皆さんと円滑にコミュニケーションをとりましょう、というのはいくらなんでも無理があります。

すべて禁止して、汚いもの、間違ったものから保護して、大人になったら自動的にスキルが身に付くという考え方自体がおかしいですし、結局なんでこんなことを言い出したかといえば、学校の先生や教育委員会の人たちも、実はパソコンに全然詳しくないからだと思います。

親だって詳しくありません。
聞かれても困るし、面倒だからって、ゲーム機買い与えて放置する方が楽じゃないですか。
学校でも、家庭でも、パソコンを前に腰が引けていて、子どもの目からもきっと大人の思考が透けて見えていて、じゃあ面倒だし、不便そうだからゲーム機の方がいいや、みたいな流れになってしまっているんじゃないかと思います。

 

世界の子どもたちはパソコンをもっと使っています。日本の子どもたちもそうあって欲しいと思う。

打開策は家庭の様子から

たぶん、このままだと、10年後の日本の国力は相当ヤバいことになると思います。
既に最近の新卒生でも、パソコンをほとんど使えない子たちが増えてきています。
このままだと、あと10年もしないうちに大半の新社会人がパソコンを使えないまま社会に送り出されてしまうようになります。

もしかすると知らない方もいらっしゃるといけないので、敢えて言いますけれど、

・スマホのiOSやAndroidOSは、パソコンがないと作れません。
・スマホのゲームは、パソコンで作っているんです。
・Twitterなどのネットサービスは、パソコンがないと作れません。
・日本のお家芸である自動車、船舶、鉄鋼、どれもパソコン必須です。
・スマホ本体の設計や機械を動かしているのもパソコンがやっています。

日本の国力がヤバい、という理由がなんとなく理解できると良いのですが……

この打開策としては、大人がパソコンに詳しくなることです。
親が読書をする家庭では、子ども読書習慣が身に付きやすいという統計もあります。
家で大人がパソコン作業をする、リビングで調べものをするときもできるだけパソコンを使うようにする、そんなことだけでも、子どもはパソコンを身近に感じるようになるはずです。

自分でパソコンを修理する、増設する、
Windowsのアップグレードをする、
新しいパソコンを選ぶ、
新しいソフトを買ってきてインストールする、

こうしたことを子どもの目に触れさせることが、まず大きな一歩だと思います。

同時に日本としても、パソコンを受験科目へと昇格させるくらいのインパクトのある一手を今打たないと、本当にマズいことになる気がしています。
日本の国力を支えているのは教育水準の高さです。
この教育水準が崩れてしまえば、あっという間に国力の低下を招いてしまいます。

今年から小学校でプログラミング教育を必修化すると話題になっていますが、効果は甚だ疑問です。
もちろんやった方が良いですけれど、今のレベルでは教員には荷が重すぎますし、国の支援が少なすぎます。
国も、学校も、親も子も必死になるためにも、大学の受験科目にでも入れてしまえば、高校も動かざるを得ないし、家庭でもそれなりに話題にならざるを得なくなるので、そのくらいやらなきゃダメだなぁと思ったりしています。
ま、そんな極端なことは無理でしょうけど。

 

ダウンロードGoGo!を立ち上げたわけ

僕たちリニーズが、「ダウンロードGoGo!」を立ち上げた理由は、まさにこのことでした。
1人でも多くの人にパソコンを使って欲しい。
パソコンを便利に感じて欲しい。
パソコンを楽しんで欲しい。

このことを目指してスタートしました。
うちの会社は「日本の未来に資するビジネスを。」というキャッチフレーズで経営しており、僕らが「ダウンロードGoGo!」を運営することで、少しでもパソコン人口が増えてくれ、日本の未来が明るいものになれば嬉しいなぁと思っています。

 

PCソフトをもっとたくさん集めてきます。ダウンロードGoGo!

そのために、「ダウンロードGoGo!」では、世界中のソフトメーカーから商品を集めてきています。

世界には青雲の志を抱いて、パソコンのソフトやサービスを開発する新興のメーカーがたくさん出てきています。
彼らにとって日本市場は、世界の中の一部に過ぎませんが、日本市場で品質を磨き、世界で勝負できるソフトを作ろうと考えています。
実際に彼らと話してみると、その真剣さに熱いものを感じないわけにはいかなくなります。
僕らは彼らの代わりに日本市場を開拓しつつ、
日本ユーザの皆さんの意見をまとめあげて品質向上に寄与し、
さらには日本のパソコン人口を増やしていく責務も自ら任じています。

こんな思いでやっている「ダウンロードGoGo!」
最近は本当に毎日のように注文が入るようになりましたし、とても嬉しいメッセージをいただくことも増えました。

お問い合わせからも色々な相談をもらうようになり、僕も可能な限り皆さんの事情に沿ってご回答するように心がけています。

とても嬉しい毎日になりました。

今回「リニーズメディア」でも僕の考えをご紹介してみたのですが、
もしよかったら、ぜひ「ダウンロードGoGo!」も使ってみてやってください。

よろしくお願いします!

 

おすすめのPCソフトを今すぐ手に入れたい!

CTA-IMAGE 20年間PCソフト販売を手がけてきた当社が、
世界中から優れたPCソフトを集めてきました。

雑談カテゴリの最新記事