Windows Updateを使わず一気に処理できる! WSUS Offline Update を試す。

Windows Updateを使わず一気に処理できる! WSUS Offline Update を試す。

中古パソコンを買ってきた直後や、しばらくぶりにWindowsを再インストールしたときなど、
Windows Updateが表示する更新数が数百に達しているのを見ると、さすがにウンザリします。
まだ更新数が表示されるならマシな方で、最悪のパターンだとWindows Updateが「確認中」のまま数時間経過……なんてことは日常茶飯事です。

この数百にのぼるWindows Updateの更新を、手間なく、一気にやってしまう方法があるとしたら知りたくはありませんか?
WSUS Offline Updateというソフトを使用すれば、その願いは叶えられそうです。

 

WSUS Offline Updateとはなにか

作者の説明によると、

WSUS Offline Updateは、Microsoft WindowsおよびOfficeを実行しているコンピュータを、安全かつ迅速にインターネットへ接続せずにアップデートする目的で開発されたフリーソフトです。
(意訳)

「インターネットへ接続せずに」の下りは今回の場合あまり関係がありません。
恐らく元々は、同じ種類のパソコンが複数台あるオフィスなどで、WSUS Offline Updateを用いて一括してアップデートファイルをダウンロードしておけば、あとはインターネットを使用しなくても、各パソコンにアップデートを適用できる、という目的で作られたのだと思います。実際そういうこともできますが、今回は1台のパソコンを想定した使用レビューとして書いていきたいと思います。

要は、このWSUS Offline Updateを使うとまとめてアップデートができるよ、というソフトです。無料です!

 

Windows Updateは使わない

今回の方法はWindows Updateを使用しません。
いつものWindows Updateの代わりにWSUS Offline Updateがアップデートファイルを収集してくれます。
Windows Updateと比べて、びっくりするくらいスピーディーにダウンロード&インストールを行ってくれます。
ただし、完璧というわけにはいきません。
取りこぼしなどがあるので、作業後には一度Windows Updateを試してみて、取りこぼしがないかだけ確かめるようにしましょう。
特にWindows 7において、InternetExplorer 9から11へバージョンアップする場合、WSUS Offline Updateでは対応していないようです。手動でおこなう必要があります。

 

免責

なお、この記事に書かれている作業を行った結果について、リニーズでは責任を持ちません。
この記事を取っ掛かりにして、ご自身で色々調べてから取りかかるようにしましょう。

 

作業の前に

今回の記事執筆にあたり、リニーズで買い取りをした古いPanasonic Let’s note CF-SX1を用意しました。

 

電源ケーブルとLANケーブルのみ。
周辺機器は不具合の原因になり得るので、とりあえず外しておきます。
できれば無線LANではなく、有線LANを。ネットの接続速度が安定するからです。

 

Windows 7 Professional SP1 工場出荷時状態にした直後の状態です。
ちなみにこのままだとWindows Updateがマトモに動作しません。

↓↓↓

「Windows Update エージェント」と呼ばれるWindows Updateの管理システムが古いためにこのような状態になるものと考えられます。
下記の記事でWindows Updateエージェントを新しくすると解消される場合があります。

 

 

今回の記事ではWindows Updateを使用しないので、このまま放置して作業を進めていきます。

 

WSUS Offline Updateのダウンロード

まず下記サイトへアクセスして、WSUS Offline Updateをダウンロードしてくるところからスタートです。

 

 

上記のサイトにアクセスし、最新版のWSUS Offline Updateをダウンロードしてきます。
ダウンロードファイルはZIPで圧縮されているので解凍します。
インストールは必要ありません。

 

圧縮されたファイルがダウンロードされました。

圧縮ファイルの上で右クリック、「すべて展開」を選んで解凍します。

解凍されました。
一番下にある「UpdateGenerator」というファイルをダブルクリックして起動させましょう。

 

アップデートファイルのダウンロード

「UpdateGenerator」をダブルクリックすると、以下のようになります。

 

ここは「実行」をクリックしてください。

 

すると、こんなウインドウが開きます。
ウインドウ上部に「Windows」「Office」とありますが、このソフト、Office のアップデートにも対応しています。
今回はWindowsのみ解説していきます。

 

赤く囲んだ部分がWindows 7の設定項目です。
Windowsのバージョンによって場所が違うので、よく画面を見てください。

x86 Global と x64 Global にチェックが入れられるようになっています。
x86 → 32ビット版
x64 → 64ビット版
です。この記事の一番最後で、確認方法もお知らせします。

 

オプションを設定します。

Verify downloaded updates:ダウンロードしたアップデートを確認する
Include C++ Runtime Libraries and .NET Frameworks:C++ランタイムと.NET Frameworkを含める
Include Microsoft Security Essentials:Microsoft Security Essentialsを含める
Include Service Packs:Service Pack(SP)を含める
Use ‘ security updates ‘ instead of ‘ quality rollups ‘:「品質ロールアップ」の代わりに「セキュリティ更新プログラム」を使用する
Include Windows Defender Definitions:Windows Defenderの定義を含める

最初からチェックが入っているものはそのままで大丈夫です。

Include Microsoft Security Essentialsの「Microsoft Security Essentials」はWindows Vistaと7向けのウイルス対策ソフトです。ウイルス対策ソフトといっても簡易版であり、これだけでウイルスから守るのは困難です。自分で別途用意した方が良いと思うのですが、その辺はお好みで。

Use ‘ security updates ‘ instead of ‘ quality rollups ‘ アップデートで余計なものは要らん、セキュリティだけ適用してくれ、というオプションです。「品質ロールアップ」を適用すると不具合が発生するケースがあるため、セキュリティ更新だけ提供して欲しいという需要があるのです。お奨め。

Include Windows Defender Definitions Windows 8以降の人は、前記の「Microsoft Windows Essentials」の置き換えとして、「Windows Defender」というウイルス対策ソフトが出ています。まあ、こちらも過信できない性能なのですが、この「Windows Defender」に使用される定義ファイルをダウンロードするならチェック。

WSUS Offline Updateがバージョンアップするとオプションの内容も変わってしまうので、あくまで2019年1月28日時点の内容です。
オプション内容が変わってしまったら気合いで翻訳するか、私までご連絡ください。

その他、「Create ISO image」「USB medium」という欄がありますが、これは同一機種のパソコンが複数台ある場合、ダウンロードしたアップデートファイルをDVDなどに焼いたり、USBメモリに保存して使い回すことができるようにするためのものです。
今回はあまり関係がないのでスルーしますね。

 

確認が終わったら、「Start」ボタンを押します。
他のアプリや、余計なものは全部終了させてくださいね。

 

「Start」ボタンを押すと、上図のようなウインドウが1枚追加され、英文の文字がダラダラダラ……と流れていきます。
別にすることもないので、放置します。
今回Windows 7 Professional SP1を試した際は、だいたい30分以上掛かりました。
動かないように見えても大丈夫(なはず)なので、紅茶でも飲んでくつろいでください。

リニーズの「ねむねむハーブティー」が超お奨めです。

 

終わるとこんな表示が出て来ます。要するに「終わったけどログ見るかい?」と聞いています。

「はい」をクリックすると、こんな風にログファイルが表示されます。それだけ。
興味なければ「いいえ」で大丈夫です。

最後に「Exit」を押すと終了です。

 

アップデートファイルのインストール

前項でアップデートファイルをダウンロードしてきました。
次はそのアップデートファイルのインストール作業となります。

 

その作業の前に、念のため、LANケーブルを抜いておきましょう。
WSUSでのインストール中にWindows Updateが動作して、勝手に重複インストールをすることを避ける意味です。

 

もう一度、WSUS Offline Updateのファイルを開きます。
前回は「UpdateGenerator」を起動させましたが、今度は「client」フォルダをダブルクリックして開いてください。

「client」フォルダ内に「UpdateInstaller」があるので、これをダブルクリックして起動させます。
すると以下のような表示が出て来ます。

On this system, the most recent version of Internet Explorer ( IE11 ) will be automatically installed, when you start the updating process.

このシステムでは、アップデートプロセスを開始すると最新バージョンのInternet Explorer(IE11)が自動的にインストールされます。

うーん……
実は最初これを信じたのですが、どうも自動的にInternet Explorer 11へのアップグレードは行われませんでした。
サンプルとして使ったノートPCでの工場出荷時設定ではInternet Explorer 9でしたが、このソフトで試しても9のままでした。
何度か試しているのですが、今回の検証では解決しませんでした。
やり方がマズかったのか、不具合なのか、結局11へのアップグレードに関しては、後でWindows Updateを使っています。

とりあえず「OK」で続行できます。

 

これがインストール用の画面です。

Update C++ Runtime Libraries:C++ ランタイムライブラリのアップデート
Install .NET Framework 3.5:.NET Framework 3.5をインストール
Install .NET Framework 4.7.2:.NET Framework 4.7.2をインストール
Install Microsoft Security Essentials:Microsoft Security Essentialsのインストール
Update Microsoft Silverlight:Microsoft Silverlightのアップデート
Install PowerShell 2.0:PowerShell 2.0のインストール
Install Management Framework 5.1:Management Framework 5.1のインストール
Update Remote Desktop Client:リモートデスクトップのクライアントをアップデート

Verify installation packages:インストールパッケージを確認する
Shut down on completion:終わったら電源を切る
Automatic reboot and recall:自動再起動と再呼び出しをする
Show log file:ログファイルを表示する

ざっくりとした解説。

C++ ランタイムライブラリは必要です。チェック。
.NET Frameworkも大切です。4.7.2をインストールしましょう。
Microsoft Security Essentialsも前項でダウンロードしたなら、ここでインストールしましょう。

Microsoft Silverlightはすでに開発を終了しており、特別必要でない限りはインストールしないで良いと思います。
PowerShell 2.0はWindows 7に標準装備されている技術。すでに非推奨です。

Management Framework 5.1は、WMFと略されるシステム管理・処理自動化のためのコンポーネント。差し支えなければインストール推奨。
リモートデスクトップは、PCを遠隔操作する技術。仕事の現場などで使われるのですが、必要に応じて。

 

「Control」の部分はお好みにあわせて。
今回は「Automatic reboot and recall」をオンにしてみました。

The option ‘ Automatic reboot and recall ‘ temporarily disables the User Account control ( UAC ) , if required. Do you wish proceed?

オプション「自動再起動と再呼び出しをする」を選択すると、一時的にユーザアカウント制御(UAC)が無効になります。続行しますか?

要するに、この「自動再起動と再呼び出しをする」を有効にすると、一時的にキミのアカウントを無効にしてインストールを実行するんだけど良いかね? という意味です(相当ざっくりしていますが)。

ちょっとこの辺りは小難しいのでアレですが、「ファイル名を指定して実行」から UserAccountControlSettings.exe を実行して、一番下のゲージに設定すると間違いないと思います。

初心者の方は手動お奨め。
一旦終わったら自分で再起動。それから再度。

 

他のアプリや、余計なものはすべて閉じて、確認したら、「Start」を押してください。

前項のダウンロードの時と同じように黒いウインドウが表示されるので、しばらく待ちます。
さっきの「Automatic reboot and recall」をオンにしてあると、自動的に再起動を繰り返してインストールをしてくれるはずです。

画面がストップするまでは余計なことはせず、見守っていましょう。

「Automatic reboot and recall」で再起動をした直後。
「実行」のボタンを押すと、WSUSが起動し、再び黒いウインドウでインストールが継続されます。

インストール時間は1時間前後。
Windows Updateのことを思えば速いです。

インストールが終了したら、一応終了です。
「Exit」で終了します。

 

終わった直後、Windows Updateを試してみました。
冒頭ではエラー表示が出てアップデートファイルを見つけることができませんでしたが、今はちゃんと検出されるようになりました。

ここでWindows Updateを使って仕上げても良いですし、
もう一度WSUS Offline Updateを起動させて、ダウンロード→インストールの手順で再度やっても良いと思います。

前述したのですが、Internet Explorer 11はインストールされなかったので、Windows Updateで仕上げます。
WSUS Offline Updateでは更新されなかったものは、最後に手動で。

無事終了です。お疲れさまでした。

 

以上がWSUS Offline Updateを使ったアップデートの様子です。
体感的にはなかなかの快適動作で、英語に恐れをなすことがなければさほど難解なものはありませんでした。
今回のサンプルに使ったCF-SX1のようにWindows Updateでエラーが発生するとか、いつまで経っても「確認中」のまま終わらないとか、Windows Update関連の不具合にぶち当たったとき、このWSUS Offline Updateを使えばWindows Updateを経由しないため、うまく行くかも知れません。
お試しを。

 

追記:僕のWindows 7、何ビットですか?

画面左下の「スタート」ボタンをクリック。
「コンピュータ」の上で右クリック。
「プロパティ」をクリックしてみてください。

「システムの種類: 32ビット オペレーティングシステム」
つまり、32ビット版です。

Windows 10では下記のようにチェックします。

32ビット? 64ビット? どーいう意味? リニーズが分かりやすく解説!

ダウンロードソフト専門の販売サイト

CTA-IMAGE ダウンロードソフト専門の販売サイト「ダウンロードGoGo!」を開設しました。どんどんラインナップを増やしていきたいと思いますので、どうぞご期待ください!

PC使い方講座カテゴリの最新記事