ヤバい! プロダクトキーなくした! そんなときに活躍する NirSoft ProduKey をご紹介。

ヤバい! プロダクトキーなくした! そんなときに活躍する NirSoft ProduKey をご紹介。

Windows や Office のプロダクトキーは一般的にシールかメールで貼付されているので、もしそれを紛失すると再インストールは絶望的になります。
パソコンの画面上にはまったく表示されないので、シール・メールを紛失したらもう無理です……
*プロダクトキーとプロダクトIDを勘違いする方がいらっしゃいますが、まったく別のものです。パソコン上で分かるのはプロダクトIDの方で、インストールには使えません。

ところが、NirSoft ProduKeyというソフトを使用すると、そのパソコンにインストールされているソフトのプロダクトキーを解析することができます。
使い方もかんたんなので、窮地に陥ったらぜひ使ってみてください。
今回はNirSoft ProduKeyの使用レビューを書いてみたいと思います。

 

NirSoft ProduKeyをダウンロードする

>> NirSoft ProduKey

まずは上記リンクからサイトへアクセスしてください。

アクセスしたら、ズズいっと下までスクロールさせてください。
後半の方に「Download ProduKey (In Zip file)」というのがありますので、それをクリックします。
64ビット版のWindowsを使っているなら、1個下の「Download ProduKey for x64」を選びます。
ダウンロードが終わったら、EXEファイルをダブルクリックすると起動します。

 

ただ起動するだけ。何もしなくてOKです。

青色で隠してある部分に「プロダクトID」と「プロダクトキー」が表示されています。
これをメモしておけば、再インストール時に使うことができます。書き写すときに間違えないように。
ちなみに各アイテムの上で右クリックすると「Copy Product Key」という項目が出て来ます。これを選ぶとプロダクトキーがコピーされるので、メモ帳などに貼り付けて印刷すると間違いがありません。

今回、キャプチャ用のパソコンにOfficeがインストールされていなかったので出て来ませんが、OfficeがインストールされていればOfficeのプロダクトキーが表示されます。
リンク先の説明によると、下記製品の解析が可能なようです(2019年1月時点)

  • Microsoft Windows 98/ME
  • Microsoft Windows 2000
  • Microsoft Windows NT
  • Microsoft Windows XP
  • Microsoft Windows Vista
  • Microsoft Windows Server 2003
  • Microsoft Windows 7 (ボリュームライセンス非対応)
  • Microsoft Windows 8 (ボリュームライセンス非対応)
  • Microsoft Windows 10 (すべてのライセンス形態で動作するとは限りません)
  • Microsoft Office 2000 (プロダクトIDのみ表示、プロダクトキーは取得できないようです)
  • Microsoft Office 2003
  • Microsoft Office 2007
  • Microsoft Office 2010
  • Microsoft SQL Server 2000
  • Microsoft SQL Server 2005
  • Microsoft Exchange Server 2000
  • Microsoft Exchange Server 2003
  • Visual Studio
  • アドビ、オートデスク製のうちの幾つかの製品

ソフトを消してしまった後ではもうダメですが、消す前までならこれでなんとかなりそうです。
ぜひお試しを!

ダウンロードGoGo! はじめました。

CTA-IMAGE ダウンロードソフト専門の販売サイト、「ダウンロードGoGo!」を開設しました。ダウンロードソフトをたくさん集めてきますので、どうぞご期待ください!

商品レビューカテゴリの最新記事