Kensington トラックボールを買った。

Kensington トラックボールを買った。

英国企業のような名前ですが、カリフォルニアにある会社だそうで。
結構老舗のPC機器メーカーです。
ここのトラックボールが良いと聞いて使ってみたところ、なかなかの逸品だったのでちょっとご紹介。

Kensington(ケンジントン)はトラックボールなどのPC周辺機器のメーカーです。
トラックボールは特に有名らしく、今回購入したExpertMouseなどは2004年頃からずっと継続販売されているほどの名機だそうです。

実は私、かなり酷めの腱鞘炎持ちで、日々のメール対応やWebデザイン、商品写真の画像加工に疲弊してしまって、慢性的に右腕がしびれているんですよね。酷い日は右手の握力が確保できないというか……コーヒーカップ持てないこともあるんです。

腱鞘炎にはトラックボールが良いらしい、という話を聞きつけて、あちこちのサイトを見て回っていると、どうやらKensingtonというメーカーの商品が精密に動かせてクリエイターさんの間でも評判だというので、早速経理を拝み倒して1台買ってみました。

Kensingtonのトラックボールは何種類か出ていたんですが、今回は有線タイプの、たぶん古い方の機種をチョイス。
某ショップで7,000円くらいでした。
いまさら有線タイプですけど……なんか無線ってよく途切れません?
MacはWindowsよりは途切れませんが、それでもスリープから復帰するときBluetooth接続が戻ってこなくて数分間格闘することって結構多くて、前からよくイライラしてたんですよね。
マウスだと有線って邪魔ですけど、固定式のトラックボールなら有線でも良いかな、と。
ちなみに数日使って思ったんですが、どういうわけかトラックボールを有線にして以来、Magic KeyboardやTrackpadの無線も安定しており、スリープ復帰直後からちゃんとキー入力を受け付けるようになったんですよね。。以前は30秒くらいしないとキー入力を受け付けなかったので、ログインさえできなかったのに。。

さて話を戻して、早速開封して設置。
USBを挿して、起動……う、うーん。
ゴロゴロ動くな……ゴロゴロ……便利か、これ……?

あ、そうか、ドライバーか。ドライバー入れないと重いんだよ、きっと。
Kensingtonのホームページへ行って、そこからドライバーを探してダウンロード。
バージョン1.2。

……ん? 変わらないな。
Macだと環境設定画面に項目が追加されるのですが、項目押しても反応がありません。
色々調べてみると、Macの新しいOSには対応していないとか。。ドライバ1.3とか1.4があるとか……でも公式1.2しか置いてないじゃん!

なお、数日後に1.5が公開されていました。前バージョンに不具合か何かあったんでしょうかね。
タイミングが悪かったみたいです。

インストールすると、比較的快適な操作に。
でも、それよりも驚いたのは、使い始めて1時間くらい我慢して使い続けていると、徐々に「ひっかかり」「バリ感」が抜けていくんですよね。
数日経つと、なんというか、宙に浮いたボールを指先で回すみたいな、なんとも言えない感覚になっていくんですよ。
ドライバでボタンの設定を行うと、これは確かにマウスより使いやすいかもって気になってきました。

でも、これだけ軽快に動くとデザインのときは不便じゃないの?
ピクセル単位でクリックするデザインの世界では、軽快に動きすぎるとピントが合わないんですよね。
でも実は、このトラックボールには低速モードの設定ができるようになっていて、例えばコマンドキーを押しながら操作すると低速になって細かな操作ができるようになっています。親切設計ですね。

また、ボールの外周にスクロールリングなるものがついていて、これをクルクル回すとスクロールします。
意外とハマる感じで、説明が難しいのですが、中指1本で快適に上下にスクロールするんですよ。慣れてくると意外と快適です。
マウスホイールより快適で、Magic Mouseにはやや劣る、という印象でした。たぶん好みですけど、私、思ったよりMagic Mouse好きだったのかも。。

付属品のパームレストもなかなか良くて、革に似せた質感も良いし、手首の負担が思った以上に軽減されます。
1日ずっとパソコンに張り付いている私のような人間にとっては、手首の安定感は重要課題です。
他の方のレビュー見ていると「要らん」「邪魔で捨てた」という人もチラホラいらっしゃいますが、個人的にはあった方が腱鞘炎には良いんじゃないかな、と思います。

とまあ、おおむね気に入って使っているトラックボールですが、弱点もありました。
それは「スワイプができない」ということ。
2004年の製品なのでそうかも知れませんが、Mac世界では上下左右の操作感って結構重要なファクターだった気がします。
このトラックボールは上下の世界観で動いているため、スワイプという観念がありません。
Webページ見ていて戻ったり、アプリでスワイプするとメニュー出て来たり、結構使う局面多いんですよね。
私は左側にAppleのTrackpadを置いてあるので、スワイプは左手、右手でマウス操作……というスタイルで仕事をしています。
トラックボールだけでスワイプ、左右スクロールが簡単にできるようになったら、これはより便利になるかも…と思いました。

たぶん、本当に自分の手に馴染んでくるのは、あと半年くらい使ったときからかな、と思っていたりします。
それでもトラックボールに切り替えて良かったと思います。
もしトラックボールを検討している方がいらっしゃれば、是非参考にしてみてください。

ダウンロードGoGo! はじめました。

ダウンロードソフト専門の販売サイト、「ダウンロードGoGo!」を開設しました。ダウンロードソフトをたくさん集めてきますので、どうぞご期待ください!

雑談カテゴリの最新記事