pCloud

完全無料で画像や文章をクラウド保存するおすすめ方法。かんたん!

2020年6月5日

pCloud Save

 

先日、神がかって便利なクラウドストレージサービス・pCloudをご紹介しました。

pCloud
pCloudの使い方からセール価格での購入方法まで徹底解説。【ついに日本上陸】

続きを見る

使い勝手はOneDriveやDropboxと同じような感じなのに、スピード、セキュリティなどあらゆる面でリードする性能、そして既存サービスよりも安価、さらに買い切りプランまで備えているという、ちょっと普通じゃないサービス内容に惚れまくりです。

実はこのpCloudの機能のひとつに、pCloud Saveというものがあります。

Google Chrome、Firefox、Operaの3種類のブラウザで利用できる拡張機能なのですが、Web上の画像や文章をワンクリックで収集、クラウドに保存できるという便利な機能なんです。
もちろん無料で利用できます。

ぜひpCloudを導入したら、pCloud Saveも使ってみてください。

 

 

完全無料で画像や文章をクラウド保存するおすすめ方法

とりあえず現状では画像と文章です。

ネット上に表示されている画像の上、またはなぞった文章の上で右クリックして、「pCloud Save」を選ぶだけ。
それだけの操作で、画像と文章が保存され、「pCloud」内に保存されます。

例えばこのページ。

 

pCloud Save 例えばダウンロードGoGo!のサイトを

pCloud 500GB 買い切りで使えるクラウドストレージ
pCloud 500GB 買い切りで使えるクラウドストレージ

d-gogo.com

このpCloudの商品画像(フェース画像)の上で右クリックをします。

 

pCloud Saveは画像の上で右クリックするだけ

Save to pCloud」というところをクリックするだけで、自動的にpCloud内に保存されます。

 

pCloud Saveの画像はフォルダの中に自動保存されます

データはpCloudの中に「pCloud Save」というフォルダが作られ、その中に各ドメインごとにフォルダで分けられ、自動保存されます。

pCloud > pCloud Save > ドメイン名 > ファイル

 

pCloud Saveで複数画像を一気に保存する方法

例えば画像素材サイトなんかで一気に複数画像を落としたい場合もあると思います。

ぱくたそさんを例に、使い方を見ていきたいと思います。

 

pCloud Save altキーを押しながら

写真素材はフリー素材「ぱくたそ」写真を無料でダウンロード
写真素材はフリー素材「ぱくたそ」写真を無料でダウンロード

www.pakutaso.com

Altキーを長押しすると、複数画像指定モードに入ります。

あとは欲しい画像をクリックしていき、最後に画面下に出ている「Save to pCloud」をクリックするだけ。

 

pCloud Save 全部大きなサイズの画像で保存されます

素晴らしいことに、ちゃんと大きな画像で保存されています(サムネイル画像と提供画像を別のファイルに分けている場合は、たぶんサムネイル画像しか保存できないと思われます。サイトの仕様によりけりです)。

 

pCloud Saveで文章を保存する方法

pCloud Saveで文章を保存する

pCloudなら文章の保存もできます。

上手く利用すると、スマホ - PC間での文章のやり取りなんかにも活用できそうですよね。

マウスで文章をなぞって、右クリックするだけ。画像と同じです。

上図のようなウインドウが開いて、編集も可能です。

便利なのは、末尾に取得したサイトのURLが自動的に追記されること。
「これ、どこに出ていたっけ……?」なんてことにもなりませんね。

標準ではテキストファイル形式(.txt)になっていますが、他にもhtmlやcss、phpなど結構多彩な形式で保存することができます。

 

pCloud Saveのインストール方法

現状、pCloud SaveはGoogle ChromeとFirefox、Operaの3系統で利用できます。

Google Chrome
https://chrome.google.com/webstore/detail/pcloud-save/npamdkabjncnnoaofdjcaipmnccofeem?authuser=1

Firefox
https://addons.mozilla.org/en-US/firefox/addon/pcloud-save/

Opera
https://addons.opera.com/en/extensions/details/pcloud-save/

 

pCloud本体は10GBまで無料、有料プランも安い!

pCloudはダウンロードGoGo!で販売中

pCloud本体はもっとすごいですよ。

OneDriveやDropbox、Google Oneと同じように使えて、セキュリティ性能は極めて高いのが一番の特徴です。
特にpCloud Cryptoはまさに鉄壁誰も覗き見ることができない秘密のフォルダを持てます。
会社の超重要データを保存するなら、このpCloud Cryptoが最適解だと思います。

さらに高速。
いわゆる帯域幅調整が設定されていないので、ファイル転送のスピードに制限がありません。
現在使っているプロバイダの接続速度によって転送速度が決まるため、自宅の光回線ならキビキビ動作してとても快適に感じるはずです。

おまけに安い。
例えばpCloudは500GBで年額5,000円
Google Oneは200GBで年額換算3,800円。500GBに合わせると2.5倍なので年額9,500円になります。
2TB版だと、pCloudでは年額10,100円
Google Oneは2TBで年額13,000円です。
ね、かなり安いでしょう?

 

早速興味の出てきた方もいらっしゃるのでは……?

以前の記事に、pCloud本体のもっと詳しい情報が掲載されているので、興味のある方は一度読んでみてください。
10GBまでは無料で使えるので、ぜひお試しくださいね。

pCloud
pCloudの使い方からセール価格での購入方法まで徹底解説。【ついに日本上陸】

続きを見る

-pCloud
-

© 2020 ノイテックス有限会社