Affinity Photoで均等配置を使ってみる

Affinity Photoで均等配置を使ってみる

今回は均等配置の機能をご紹介します。
例えばホームページのデザインをAffinity Photoで行っている時、メニューの位置を均等に配置したいという状況はよくあると思います。
そんな時、この均等配置の方法を覚えておくとすごく便利に作業ができます。
早速見て行きましょう。

 

例えばこんなサイト。
リニーズマーケット Yahoo!ショッピング店のデザインを手がけた際の画像です。
ごく最近作ったものです。

一番上に「トップページ カートを見る お知らせ……」という具合にメニューが表示されています。
ここを均等配置してみましょう。

 

まず、右側のレイヤーから、メニューの文字をすべて選択しておきます。
その状態で、矢印の先にある「整列」をクリックしてみましょう。

 

「水平方向に揃える」「垂直方向に揃える」の2つの設定ができます。
水平方向をイジれば、左寄せ、センタリング、右寄せができます。
垂直方向はその縦バージョンです。

基本的にはボタン押せば反応します。

「水平方向に揃える」の一番右のボタン「水平方向に等間隔に配置します」をクリックします。
次にその下にある「自動均等配置」のチェックボックスを外します。

すると、メニュー項目の文字列がサッと左寄せになります。
項目と項目の間隔が0pxに設定されたため、左詰めになったのです。

 

均等配置の値を20pxに設定してみました。
項目の間隔が20pxずつ空きました。

 

45pxに設定。
ちょうど良いくらいになりました。

良いところまでいけたら、「完了」ボタンで終了です。

 

単純に図形や文字をキレイに揃えたいだけなら、指定したレイヤーを右クリックしてメニューから「配列」を選べば手軽にできるんですが、この方法を使えば均等配置もできるんです。

「幅2000pxで、400pxのボタンを3個置くんだから、2000÷3=666.6で……」

とわざわざ計算しなくても、実はこの方法ならサクッと位置決めできます。
覚えておいて損はないテクニックです。ぜひ試してみてください。

ダウンロードソフト専門の販売サイト

CTA-IMAGE ダウンロードソフト専門の販売サイト「ダウンロードGoGo!」を開設しました。どんどんラインナップを増やしていきたいと思いますので、どうぞご期待ください!

Affinityシリーズカテゴリの最新記事