スペックってなに? どこで見るの? リニーズがかんたん解説いたします!

スペックってなに? どこで見るの? リニーズがかんたん解説いたします!

パソコンにトラブルが起きて、誰かに解決方法を尋ねると、
「スペックを教えて」
とまず最初に確認される場合が多いと思います。

スペックってなに?

ビギナーさんにとっては聞き慣れない言葉です。
スペックとは、要するにそのパソコンの仕様のことをいいます。
メモリがどのくらいあって、
ハードディスクが何ギガバイト、
そんな感じの情報を教えて欲しい、とサポートする人は言っているのです。

パソコンの買い取り金額を問い合わせる場合でも、スペックの提示は大切です。
ちゃんと教えていないと、実際に買い取りの段になってから「聞いていたのと違う」ということになり、減額されてしまう可能性があるからです。
パソコンをどうにかする場合、スペックの提示はとても大切なのです。

今回は、そんなスペックの確認方法をお教えしましょう。

 

製品名だけでは分からないことが多すぎる!

フラッとお店にやってきて、
「パナソニックのレッツノートだけど、買取金額は幾ら?」

気持ちは分かるのですが、パナソニックのレッツノートは、累計で見ると軽く見積もって100種類以上になるはずです。
しかも、仮に種類を特定できたとしても、メモリやハードディスクの容量が異なるケースもあるんです。
最近のパソコンは特に注文時に内容を変更できるモデルもあったりするので、絶対にコレだ! という特定がかなり難しくなっています。

製品名だけではスペックは分からない、ということを覚えておいてください。

 

スペックはDirect Xで確認しよう

さて、スペックの確認方法です。
スペックを確認するなら、Direct Xで確認するのが一番だと思います。

Direct Xは、マイクロソフトが主にゲーム向けに作ったプログラムで、たいていの場合、Windowsに組み込まれています。
Windows 10の場合、デスクトップ画面の一番左下「スタート」ボタンの右側に、検索窓があると思います。ここに「dxdiag」と入力してみてください。

 

すると、上図のように「dxdiag」のアプリが検索されるはずです。
これをクリックしてソフトを起動させてください。

 

ちなみにWindows 7では「スタート」ボタンを押すと出て来ます(下図)。

 

 

これが出て来たら「はい」をクリックしてください。

 

(大人の事情で、Windows 7の画像でご説明します)
dxdiagが起動すると、このようなウインドウが出て来ます。
「スペック」と聞かれているのは、だいたい以下の項目です。


オペレーティング  システム:
Windowsの種類です。通常は「Windows 7 Home Premium 64ビット」まで書いてあれば問題ありません。

プロセッサ:
CPUと呼ばれる部品のことで、「頭脳」に相当します。

メモリ:
パソコンの処理できる容量を意味します。「パソコンが固まる」のは主にこのメモリ容量が原因です。

ディスプレイ(2枚目の写真):
いわゆる「グラフィックカード」「グラフィックボード」「グラボ」と呼ばれる部品で、パソコンの描画性能を司る部分です。
ここでは名前の欄「Intel(R) HD Graphics 4400」が必要な情報になります。


 

ハードディスクはどこへ行った?

実はもうひとつ。
ハードディスクのスペックが調べ切れていません。
上のウインドウにはハードディスクの項目がないため、ここだけでは分からないのです。

「情報をすべて保存」を押して、情報の書かれたファイル(テキストファイル)を閲覧すると、さらに詳しい情報が出て来ます。

「情報をすべて保存」を選ぶと、テキスト形式で細かいスペック情報が書き出されます。
このファイルの中の、だいたい真ん中くらいのところに「Disk & DVD/CD-ROM Drivers」という項目があると思いますので、探してみましょう。

Drive: C: というのは、つまり「Cドライブ」のことです。ハードディスクですね。
Total Space: 122.0GB というのが、ハードディスク容量です。
Model: KINGSTON SMSR150S3256G SCSI Disk Device は部品の製品名です。

必要な情報としては、「KINGSTON SMSR150S3256G SCSI Disk Device」「122.0GB」の2つです。

 

これでスペック情報としてはほとんど完璧です。
サポートの内容によっては、もっと細かい情報が必要になることもありますが、ほとんどの場合は「オペレーティングシステム」「プロセッサ」「メモリ」「ディスプレイ」「ハードディスク」の5項目が分かれば大丈夫です。

ぜひ参考にしてみてください。

ダウンロードソフト専門の販売サイト

CTA-IMAGE ダウンロードソフト専門の販売サイト「ダウンロードGoGo!」を開設しました。どんどんラインナップを増やしていきたいと思いますので、どうぞご期待ください!

PC使い方講座カテゴリの最新記事