Blackloudの新型防犯カメラ I.C.E MINIはコンパクトにまとまっている

Blackloudの新型防犯カメラ I.C.E MINIはコンパクトにまとまっている

カリフォルニアのベンチャー企業、Blackloudがリリースした新商品、防犯カメラの I.C.E MINI です。
お値段税込、送料込で9,800円というお手頃な価格設定でありながら、広角120度撮影、HD画質、夜間撮影、マイク/スピーカー搭載……と、防犯カメラに欲しい機能が揃っており、それがコンパクトにまとまっているという点で、リニーズではオフィスや店舗にちょうど良い防犯カメラだと思って販売を手がけています。

性能は突出していないが、あらゆる機能がコンパクトにまとまっている。

I.C.E MINIは性能的な点でいえば、特に高性能な商品というわけではありません。
同じ価格帯の防犯カメラで見れば、ごく中庸のものだと思います。
ところが、同じ価格帯の商品ラインナップにおいて、HD画質で広角120度撮影ができ、夜間撮影が可能で、マイクとスピーカーが搭載されていて遠隔地での通話ができ、しかもクラウド領域に映像をセキュアに保存できる機能までついている防犯カメラを探すとなると、恐らくこのI.C.E MINIが有力候補に上がってくる事が分かると思います。

ごく一般的な広さのオフィスやコンビニレベルの店舗であれば、最近流行りの360度回頭式カメラであるよりも、ワンショット120度の広角カメラの方が有意義です。
ソニー製の高感度イメージセンサーを採用しており、従来品よりもわずかな光でも増幅でき、夜間撮影も大変クリアです。会社は夜間防犯こそがメインなので、ここに力点を置いた方が有意義です。
また、マイクとスピーカーが装備されているので、カメラ設置してある部屋のスタッフと簡易的に通話することも可能です。夜間に泥棒が入ってきたときなんかも、いきなり「おい! ここで何している!」と怒鳴ってやれば、何も盗らずに逃げ出す可能性もあります。
またさらに、アメリカ本社の安全なサーバに最新24時間分の映像データが転送されるので、もしカメラ自体を破壊された場合でも、そこまでのデータは残されているため犯人特定は容易になるはずです。

このI.C.E MINIは性能勝負の商品というわけではなく、これだけの機能を1台にまとめ上げた完成度こそが注目ポイントで、「一通りの機能が揃っていて便利」という防犯カメラをお探しの方にこそお奨めできる1台だと思います。

クラウド領域に最新24時間分の映像データを保存できるのが魅力

普通の防犯カメラにはなかなか搭載されていない機能ですが、I.C.E MINIには最新24時間分の映像データが、独自のクラウド領域に自動保存される仕組みになっています。
実はこのアイデアは少数ながら先行する製品もあるのですが、クラウド領域が中国サーバなので、何が安全だか分からない感じになっています。
そこへ来ると、Blackloudはアメリカ・カリフォルニアの企業です。
自社サーバを構築しており、日本販売品もカリフォルニアの自社サーバに保存されるようにできています。
アメリカなので、プライバシーの保護基準もかなり高めで、セキュリティ面でも安心です。
ちなみにクラウドの料金は不要で、ずっと無料で使い続けることができます。

同社の作った無線LANルーターDropAPにも共通して言えることですが、Blackloudは「製品+クラウド」とテーマにしたメーカーです。
今回のI.C.E MINIにおいても、防犯カメラにクラウド機能を付与した点が、大きなポイントであると思います。

 

I.C.E MINIの外箱。ちょっと殺風景かな。段ボール外装です。

 

開封直後。シールつきw

 

シールとマニュアルを取り出すと本体。台座はこの下です。

 

内容物一覧。コードは電源のみ。USBケーブルですが、データ通信は行っていません。

 

専用アプリはApp StoreやGoogle Play Storeからダウンロードできます(無料)

 

専用アプリを立ち上げると、まず最初にアカウントの作成をします。
案内に従っていくだけなので、とても簡単です。

 

最初は何も登録されていないので、「カメラ追加」をタップします。

 

カメラを認識すると、こんな感じの表示になります。

いったんアプリを閉じて、「環境設定」から無線LAN設定(Wi-Fi設定)を開き、上の写真を例にすると、「MINI_ca40f0」というSSIDがあると思うので、それを選びます。
Wi-Fiでインターネット接続していた場合は、いったん落ちます。
そうしたら、もう一度I.C.E MINIのアプリに戻りましょう。

 

無事に認識されているはずなので、「次へ」をタップします。

 

 

次に、I.C.E MINIをつなぐWi-Fi設定を行います。普段使っているSSIDを探してタップします。

 

SSIDをタップすると、次の画面に。

 

普段のWi-Fiのパスワードを入力します。

 

すべてが終わるとセッティング中の画面になります。

 

無事に接続完了です。最後にI.C.E MINIに好きな名前をつけてください。

 

リアルタイム映像。

天井の蛍光灯にちかいせいで、画質が荒れました。
あとで”ひさし”のようなものを上に取り付けたところ、大きく画質が安定しました。

 

夜間の映像です。ほぼ光がない状態でも、ここまでクリアに見えます。

基本的にスマホで見ると、もう少し画像はキレイです。
少なくとも夜間に侵入した泥棒も、これなら犯人特定できそうなレベルの画質です。

 

 

 

 

台座と本体はマグネットで固定されています。
マグネットのおかげで、角度の微調整も思いのまま。
小さくて、場所を選びません。
デザインもシンプルながら、なかなかセンスの良いフォルムをしています。
店頭でこれ見よがしに置いてあるよりも、I.C.E MINIがポンと置いてあった方が圧迫感が少ないと思います。
リニーズ的には「小規模なオフィス、店舗でぜひどうぞ!」とご案内していますが、もちろん一般家庭で使ってもなんら問題ありません。
留守番をするお子さんの見守りに、
一人暮らしのお爺ちゃん、お婆ちゃんのために、
ペットの見守りにも役に立つカメラだと思います。
一通りの機能が揃い、お値段も手頃、お守り代わりに1台持っておいていただけると良い商品だと思います。

ダウンロードGoGo! はじめました。

ダウンロードソフト専門の販売サイト、「ダウンロードGoGo!」を開設しました。ダウンロードソフトをたくさん集めてきますので、どうぞご期待ください!

商品レビューカテゴリの最新記事