無線LANルーター DropAP がなかなか攻めている件。

無線LANルーター DropAP がなかなか攻めている件。

リニーズは8月からBlackloud Japanと提携し、同社商品の販売を開始いたします。
プレスリリースはこちらです。

https://www.value-press.com/pressrelease/205256

Blackloud Japanは、カリフォルニアのベンチャーBlackloud Inc.の日本法人。
日本上陸したばかりで、これから日本での販売を展開していくところです。
リニーズはYahoo!ショッピングと本店サイトを中心に、日本展開のお手伝いをさせていただきます。

今週はその中のDropAPという、ユニークな無線LANルーターをご紹介します。
リニーズマーケットでも販売していますので、細かい機能や仕様についてはそちらをご確認ください。

リニーズマーケット:DropAP スマホ連携 Wi-Fi 無線LANルーター

カリフォルニアといえばアメリカンレトロ。
30年代風の古いラジオのようなデザインにグッと来ます。
ルーターといえばほとんど真っ黒か真っ白しかない日本製品と比べると、
パソコンデスクの裏に置くというより、敢えて目に付く棚の上なんかに置いておきたいデザインだと思います。

しかも、単にデザインが変わっているだけの商品じゃありません。
性能もなかなか攻めてきています。
まず、最近の無線LANルーターに合わせて11ac対応しています。要するにネットの通信スピードの規格なんですが、従来品と比較すると11倍以上スピードアップされた規格です。パソコン側が対応していないと意味がないんですが、最近の対応機種ならかなり速い通信スピードでインターネットを楽しめます。
実際にリニーズでも使用してみた感じだと、11ac対応のMac miniが11acでちゃんと繋がっていて、1ヶ月試してみた限りでは接続も安定しているようです。
アンテナは2×2なので、爆速を謳うルーターという感じではないのですが、安定性重視といった感じじゃないかと思います。
一戸建て木造家屋の1F中央付近の棚の上に置いて、とりあえず全部屋でWi-Fi接続ができています。

また、QoS機能もワンタッチで体験できます。
マニアな方じゃなければ聞いたことがない機能だと思いますが、
動画やゲームなどを楽しむ場合、途中でプツプツ切れたり不安定だったりすると興ざめするものってありますよね。
これら特定の通信だけは、できるだけ優先的に通信を行うことで安定した動画再生を行えるようにする仕組みをQoS機能というのですが、この機能は一般的にはルータ設定を弄らないとできなかったり、色々設定が複雑だったりしがちですが、実はDropAPではスマホの設定画面をワンタップするだけでON/OFF切り替えることができるところまで落とし込んでいます。
このほかの機能も、最新規格や便利機能が、スマホのタップ操作で手軽に体験できるというところにDropAPの楽しさがあると思います。

このルーターの特徴は、最初から最後まですべてスマホで制御できるという点です。
買ってきたら、まず先に専用アプリをダウンロード。立ち上げると、ひとつひとつの手順を教えてくれます。

 

まず最初にアカウントを作成しましょう。

 

アカウントの作成が終わると、いよいよDropAPとの接続です。

 

このようにひとつひとつ手順が表示されるので、順番に従って作業する便利設計。

 

いったんアプリを閉じて、スマホの環境設定からWi-Fiの設定を開き、「DropAP-xxxx」という名前のアクセスポイントに接続し直します。

 

無事に繋がればこんな感じ。少しお待ちください。

 

作業完了!

 

設定完了直後の様子。右下のギアマークをタップしてください。

 

設定画面です。「インターネット接続」をタップして、ネットワーク名(SSID)を変更しましょう。

 

ここでSSIDの名前を変更したり、パスワードをかけたり色々できます。セキュリティのため、やっておきましょう。

 

SSIDは好きな名前を。
SSIDは可能なら隠す方がセキュリティ的には安全です。
無線LANセキュリティは一般的には「WPA2-PSK」です。
無線LANパスワードは推測しづらいものを設定してください。
周波数帯域は現状2.4GHzと5GHzの2種類があります。
2.4GHzは安定しているがスピードが遅い、5GHzは障害物に弱い傾向があるがスピードは速いという特性があります。
プロバイダがIPv6に対応している場合、「IPv6有効」をオンにするとIPv6対応のWebサイトにアクセスすると高速に表示されるようになります。

 

別途DropAP CXというアプリをインストールしたスマホデバイスの現在地をチェックできます。

 

インターネットのスピードテスト機能も搭載。

 

DropAPを介してアクセスしたネットやアプリの使用状況を把握できます。

 

アクセスフィルタ機能。オンオフだけで危険なアクセスを制御できます。お子さんはもちろん、高齢のお父さんお母さんにも大変役に立ちます。

 

とまあ、機能盛り沢山です。
アクセスフィルタ機能は、一般的には有料サービスの場合が多いのですが、ルーター機能として内蔵されているので無料で使うことができます。
お子さんのネット利用を守る目的はもちろんですが、高齢のお父さん・お母さんが分からないうちにフィッシングサイトに迷い込むのを防ぐ効果もあります。
さらに中小企業に設置すれば、従業員の社内でのネット利用を制限することもできます。時間制限もできるので、「遅くまで残業してネットサーフィンする」というのを防止することもできたりします。

DropAPは、無線LANルーターとしての機能を装備しつつ、セキュリティ機能などを盛り込んだ、これまでにないパッケージです。
あまりパソコンに詳しくないユーザでも、スマホやタブレットから設定ができるように設計されているため、最新機能を使うことも難しくありません。
ルーター買い換えようかな、と思っているなら、このDropAPは意外に手堅い、良い候補だと思います。
ぜひお試しください。

リニーズマーケット:DropAP スマホ連携 Wi-Fi 無線LANルーター

ダウンロードGoGo! はじめました。

ダウンロードソフト専門の販売サイト、「ダウンロードGoGo!」を開設しました。ダウンロードソフトをたくさん集めてきますので、どうぞご期待ください!

商品レビューカテゴリの最新記事